ブラマヨ揃って五輪開催に前向き? 菅首相ほかの国民軽視答弁をも売れる擁護でネットから「擁護にもなってない」の声も

拡大画像を見る

 8日放送のフジテレビ『バイキングMORE』では、東京五輪・パラリンピック開催と新型コロナ関する国会答弁について特集。オリンピック否定派のMC坂上忍に前向き派のブラックマヨネーズが意見をぶつけた。

 菅義偉首相は7日の参院決算委員会立憲民主党の水岡俊一氏の「五輪をやむなく中止するという選択肢は取れるか」という質問に「私自身は主催者ではありません」と発言。立憲民主党の福山哲郎幹事長の五輪開催基準についての質問には「国民の命と健康を守る」という答弁を繰り返した。

 MCの坂上は「主催ではない」発言に「確かに主催は東京都なんですけれども、有事の際において一国の首相がこれ言っちゃったら終わっちゃうよ」と苦笑い。

 一方ブラックマヨネーズ小杉竜一は「僕はそんなおかしい事言ってはると思わない」と擁護。質問が悪いとし「決める人じゃない人に“(中止する選択肢を)取れますか?”って聞かれても“いや、俺に聞いても知らんがな”て思う」とこの答弁について解釈を述べた。

 また福山幹事長の質問に対する答えについても「よくわからんウイルスを抑えながらなんとか開催に向かっているときに、“基準をどうする?”聞かれても“いや、今決められへんて”って事やと思う」と解釈。大まかな目標として「国民の命と健康を守る」と答えているのでズレてはいないと印象を語った。

 ブラックマヨネーズ吉田敬は「答えれる質問もあったと思う。なのに同じような答弁でのらりくらり。それ何かと言ったら、たぶん嫌いやと思う」と質問している立憲民主党が嫌いなのだと持論を展開させ、「“何言うてもあかんのやろ”ていうのもあるんかな。だけど、僕見てて、もっと行け立憲民主党。この勢いで政権取ってしまえとか、まったく思わないんで! むしろそっちのほうがやばいやんけみたいな」と質問する立憲民主党が中止を前提で質問することへの不満も漏らした。

 坂上はこの吉田の持論に相槌を打ちつつも「ただ、あの不毛なやり取りには国会軽視と言われても致し方ない」と指摘した。

 また小杉は「オリンピックみたいなのをガンとやらんと、子どもたちの遠足も中止、運動会も中止、インターハイも中止ってなってるから。それを再開するにはオリンピックくらい有観客の成功をやらんと日本全国が活動再開するきっかけにならへんと思う」と主張。

 たまらず坂上が「でも、それを緩和していくのを具体的に示した方がいいなら、オリパラの開催基準も示さないと成立しないよ」と反論。すると小杉は「亡くなった方もいるから、残念ですけど」と前置きしつつ「でも、国民の命を守るというのでいうと、世界的に見たら、少ないわけですから、守れてると思うんですよ」と他国と比べて感染対策は成功していると返し、そこを国会で追及するのは意味が無いとした。

 こうしたやり取りが続いてることに対しては、「坂上イライラw」「自分の意に沿わないコメント言ってるから坂上キレてるw」「坂上と違う意見言ってて大丈夫?」と反対意見のブラマヨにイラつく坂上を指摘する声も上がっていた。

 吉田も死亡率の高い高齢者にワクチンが行き渡ろうとしてる今、次は経済回復させるため「オリンピックをしなあかんと思う」と開催に前向きな姿勢を見せた。

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は東京オリンピックにおける感染リスクについて見解をまとめるとしていて、坂上は「分科会が強めの意見を出したら、その後いろんなところで、こういう開催していいのかって、(議論が)また一波来そう」と懸念。「そうならないためにも、もうちょっと具体的なメッセージがねぇ」と渋い表情を浮かばせていた。

 この議論に視聴者からは賛否両論。

「ブラマヨ大丈夫?」「好き嫌いで回答しない人は、総理はまじで相応しくない」「俺に聞かれても知らんがなって。擁護にもなってない」とブラマヨ批判する声、「小杉は素晴らしいな! 菅さんは答えられる範囲で答弁してるだけ」「野党に対しての言い分はブラマヨに同意」「正論、ブラマヨ頑張れ!」と賛同する声が上がっている。

 いよいよ五輪開催が現実のものとなる中、混沌とした放送となった。

  • 6/9 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます