光GENJI内海とアツヒロ「有吉の壁」で歌唱にネット興奮「泣いた」「震えてる」

拡大画像を見る

 伝説のアイドルグループ光GENJIの内海光司(53)と佐藤アツヒロ(47)が9日放送の日本テレビ「有吉の壁2時間SP」に出演。解散した1995年以来久々のテレビでの歌唱を披露した。

 「アーティストになりきれ!ご本人登場選手権」というコーナーで、ジャングルポケットと四千頭身がヒット曲「ガラスの十代」を歌う中、2人はステージ袖からローラースケートを履き勢いよく登場。内海はGジャンのベストにバンダナ、アツヒロはスーツという往年のスタイルのまま、華麗なターンと激しいダンスをして熱唱した。

 歌い終わった内海は肩で呼吸をしながら「今夜限り再結成させていただいて」と満足げ。佐藤は「解散後で初めて2人で一緒にやりましたね」と明かした。

 光GENJIは、内海、佐藤アツヒロのほか、大沢樹生、諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、赤坂晃の7人で1987年に「STAR LIGHT」でデビュー。翌88年には「パラダイス銀河」で日本レコード大賞を受賞するなど人気は頂点に達したが、94年に大沢と佐藤寛之が脱退し「光GENJI SUPER 5」に。95年に解散した。

 内海と佐藤アツヒロはジャニーズ事務所に在籍。昨年には2人でイベントを開き、歌唱を披露しているが、テレビで歌うのは久々となる。

 平成のスーパーアイドルの“再結成”はネットでも大きな話題に。「泣いたよ ウッチーとアッくん」「涙が出ました」「さけびまくりまだ震えてる」「めちゃくちゃ感動した」「やばい!」と興奮を抑えられないファンの声が多く上がった。

関連リンク

  • 6/9 22:45
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます