クラプトン 初ソロアルバム50周年盤を8・20リリース 3種のミックスを収録

拡大画像を見る

 ギターの神様エリック・クラプトン(76)が1970年8月にリリースしたファーストソロアルバムの50周年記念デラックス・エディション「エリック・クラプトン・ソロ(アニヴァーサリー・デラックス・エディション)」が8月20日にリリースされることが9日、発表された。

 CD4枚組、アナログ盤(ブラック・ヴァイナル仕様)、デジタルアルバムのフォーマットで発売され、LPのフロントカバーは4CDとは異なるデザインになる。

 クラプトンは60年代、ヤードバーズやジョン・メイオール・ブルースブレイカーズ、クリーム、ブラインド・フェイスの活動でギターヒーローとして強い影響力を誇っていたが、本作ではギタリストから多芸多才なレコーディングアーティストに変貌。新たな米ミュージシャンが起用され、派手でテクニカルな演奏は控えめに、楽曲を重視したアンサンブルを打ち出し、後のキャリアの基本路線となった。

 ディスク1~3には トム・ダウト(UKヴァージョン)、クラプトン、デラニー&ボニーのデラニー・ブラムレットによる3種のミックスを収録。収録曲全てのクラプトン・ミックスが発表されるのは初めてのことだ。

 また、ディスク4には収録曲の別ヴァージョン、レコーディングセッションのアウトテイク、シングル音源が併せて収録される。

 4CDの収録曲は次の通り。

 ◆CD1~3

 スランキー

 バッド・ボーイ

 家から遠く

 アフター・ミッドナイト

 イージー・ナウ

 ブルース・パワー

 レッド・ワイン

 ラヴィン・ユー、ラヴィン・ミー

 ラスト・タイム

 何故か知らない

 レット・イット・レイン

 

 ◆CD4(シングルス、オルタネイト・ヴァージョンズ&セッション・アウトテイクス)

 ティージン(byキング・カーティス、ディレイニー・ブラムレット、エリック・クラプトン&フレンズ)

 カミン・ホーム(オルタネイト・ミックス)(byデラニー&ボニー&フレンズ・フィーチャリング・エリック・クラプトン)

 ブルース・イン・A(セッション・アウトテイク)

 シー・ライズ(「レット・イット・レイン」オルタネイト・ヴァージョン)

 ラスト・タイム(オリンピック・スタジオ・ヴァージョン)

 何故か知らない(オリンピック・スタジオ・ヴァージョン)

 カミン・ホーム(シングルAサイド)(byデラニー&ボニー&フレンズ・フィーチャリング・エリック・クラプトン)

 グルービー(スーパースター)(シングルAサイド)(byデラニー&ボニー&フレンズ・フィーチャリング・エリック・クラプトン)

関連リンク

  • 6/9 22:21
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます