ワニに襲われた女性、双子の姉妹が顔面パンチで救出「アドレナリンが出た」(メキシコ)

拡大画像を見る

メキシコのオアハカ州にあるサーファータウン、プエルト・エスコン​ディードから約16キロ離れた「マニアルテペックラグーン(Manialtepec Lagoon)」で今月6日、メリッサ・ローリーさん(Melissa Laurie、28)が泳いでいる最中にワニに襲われた。

マニアルテペックラグーンは、夜になると生物発光プランクトンによって明るく輝くことで知られており、メリッサさんは一卵性双生児の姉妹ジョージアさん(Georgia)と一緒にガイドを伴ったボートツアーに参加していた。姉妹は「一帯は体長3メートルにもなるワニが生息していることから遊泳は危険」と聞いてはいたものの、ツアーガイドは「ワニはいないので安全だ」と強調していたという。

このたび『The Sun』のインタビューに応じた双子の父ショーンさん(Sean、63)は、事故当時の様子をこのように説明した。

「あの日、ジョージアはメリッサが助けを求めて叫ぶのを聞いたんだ。ジョージアは『メリッサ』と何度も名前を呼んで、水中も探した。でも反応がなかったんだ。そして数分後、ジョージアはメリッサが水面に顔をつけたまま浮いているのを発見したんだよ。」

「ジョージアがメリッサの腕を抱えてボートまで戻ろうとしたところ、ワニが2人を攻撃してきたんだ。それでジョージアは、ワニの頭を殴って立ち向かった。ワニに噛まれ、切り傷を負いながらもね。」

「メリッサが助かったのは、ジョージアがダイバーで救命の経験があったからだ。彼女は本当に勇敢だった。」

またメリッサさんとジョージアさんの姉であるハナさんは、『BBC Radio 1』のインタビューに「ワニはボートに戻ろうとする2人のもとに3度もやってきて、メリッサを水中に引きずり込もうとしたの。メリッサをまるで人形のように振り回してね。でもアドレナリンが出たジョージアは、3度ともワニの頭にパンチをくらわしたそうよ」と語り、「ジョージアがいなかったら、今頃メリッサはいなかったでしょうね」と妹を称えた。

なお2人は現在も入院中だが、ジョージアさんはWhatsAppで家族と話ができる状態とのことだ。一方のメリッサさんは肺に水が溜まり、薬による昏睡状態に置かれている。肺に穴が開いている可能性や感染症に罹る危険性も高く、予断を許さない状況だという。

姉妹は3月にイギリスを発ち、ボランティアをしたり動物の保護施設で働きながらバックパックで世界中を旅し、11月に帰国する予定だった。2人の入院費は保険でカバーされない可能性もあり両親は現在、メキシコ行きを検討中だという。

画像は『The Sun 2021年6月8日付「JAWS OF DEATH ‘Super-badass’ Brit punched crocodile three times to save twin sister being ‘thrown about like a rag doll’」(Credit: Enterprise)(Credit: Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 6/9 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます