タワマン住み、世帯年収1800万円の女性「月の返済額は17万円。毎年200万円ほど繰り上げ返済しています」

拡大画像を見る

首都圏に住む、年収1500万円以上の"夫婦二人世帯"は、どのような暮らしぶりなのだろうか。世帯年収1500万円の40代女性(IT・通信系)は、キャリコネニュースに

「欲しいものは、少額なら気軽に買える。ただ、希望条件に合う住居の購入などは話が別。収入は結婚当初から増えているものの、それに合わせて生活レベルも引き上げてしまったので、貯蓄は稼ぎの割に少ない」

という声を寄せている。一方で、世帯年収1800万円の30代女性(金融・保険系)は、

「毎月、項目ごとに予算配分をしていて、大体その中で買い物をしている。ちなみに夫婦共に小遣い制ではない。年間の支出・投資・貯蓄額と、純資産比率の目標値も決めており、毎年達成している。投資額は毎月20~30万円程度だが、投資と貯蓄に回しすぎないように考えている」

と対照的だ。引き続きこの女性の声を中心に、ほかの年収1500万円以上のキャリコネニュース読者の声も見ていこう。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「完全在宅勤務で、化粧品類の費用はほぼ発生しない」


タワーマンションで暮らす女性だが、生活感については「華美である認識はない」と語っており、それは前述の徹底した金銭管理から頷ける。女性は「夫婦共に交際費はゼロに近い。飲み会が好きじゃないから」と明かし、さらに、

「私は完全在宅勤務で、化粧品類の費用はほぼ発生しない。マツエクやネイルは一切しないし、エステも今はまったく通わなくなった。独身時代は大分、お金を突っ込んだが。服は、ファストファッションも好んで買う」

と続けた。それでもジュエリーやコート類を購入する際は「一定水準以上のものを選ぶ」と、タワーマンションに続くリッチな金銭感覚をうかがわせる。気になる住居費については「毎月の返済額は17万円。毎年200万円ほど繰上げ返済をしている」といい、主な支出状況についても

「食費は外食とデリバリーも含めると、毎月15~30万円。使わない月は11万円程度に収まる。夫婦のプレゼント代は毎年、それぞれ10~20万円程度。旅行などの思い出づくりがメインになる。それ以外には、勉強などの自己投資にもお金を使っている」

と打ち明けている。

「付き合いをやめて孤独になりたくない」

40代女性(IT・通信系/世帯年収1700万円)は、夫婦で賃貸マンションに住んでおり「住まいを購入し、ローンを組むのは躊躇してしまいます。実家の援助も受けていないので」と切り出す。

「交際費は高めです。友達との女子会で1万円以上、それが月1~2回。友達グループの世帯年収も高そうなので、そこに合わせるとどうしても……。かといって付き合いをやめて孤独になりたくないし、この歳になると新たに友達を見つけるのも難しいので。一方で、会社の同僚とは会話重視の飲みだから、居酒屋で2000円くらい。気楽で楽しいです」

夫婦の支出状況について「普段は自炊中心で、たまに近場の飲食店に行くことも。休日は2人で4000円くらいのランチをするのが定番です。また、月1回のペースで2~3万円の食事にも行きます」と付け加えた。そのほか、

「食材は安いだけのものを買わないようにしていますが、有機野菜は高いので買いません。旅行は年3回くらい、1回あたり約10万円の温泉宿に行くことが多いです」

と綴っている。

ほかには、

「世帯年収500万円台の生活をしていますが、まったく不満はありません。私は在宅ワークなので、自分で節約も家事もできます」(40代女性/個人事業主/世帯年収1600万円)

という声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」あなたの職場のサイコパスなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収550万円の30代女性「夫は一日1箱のタバコと、500ml 缶3本分のアルコールは減らせないとのこと。私は食費も削ってるのに」
世帯年収1800~2000万円のリアル「普段はユニクロ、2~3年は同じものを着てる。車は530万円で中古車を一括購入」

関連リンク

  • 6/9 19:59
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます