緊急事態のスペイン代表、U21の11選手も予備トレーニングメンバーに追加

拡大画像を見る

 スペインサッカー連盟(RFEF)は9日、U-21スペイン代表の11選手が、EURO2020の予備トレーニングメンバーに加わったことを公式サイトで発表した。

 スペイン代表は6日、主将のMFセルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)が新型コロナウイルス陽性反応を示したことを受け、チーム全体が隔離措置を取ることに。そのため、8日に行われた国際親善試合のリトアニア代表戦は急きょ、U-21スペイン代表のメンバーがA代表として戦うことになった(4-0で勝利)。

 さらに8日、DFディエゴ・ジョレンテ(リーズ/イングランド)も新型コロナウイルスの陽性反応を示した。スペイン代表は他にも離脱者が出る場合に備えて、FWロドリゴ・モレノ(リーズ/イングランド)、MFカルロス・ソレール(バレンシア)、MFブライス・メンデス(セルタ)、MFパブロ・フォルナルス(ウェストハム/イングランド)、DFラウール・アルビオル(ビジャレアル)、GKケパ・アリサバラガ(チェルシー/イングランド)の6選手を予備トレーニングメンバーとして招集。EURO2020参加メンバーの“バブル”とは異なる“パラレル・バブル”に位置付けていたが、新たにリトアニア代表戦に出場した11選手が6選手と合流することになった。

 EURO2020は6月11日に開幕。スペイン代表は14日にグループステージ第1節でスウェーデン代表と、19日に第2節でポーランド代表と、23日に第3節でスロバキア代表と対戦する予定になっている。

 A代表にとどまり、“パラレル・バブル”に参加するU-21スペイン代表の11選手は以下の通り。

GKアルバロ・フェルナンデス(ウエスカ)
DFオスカル・ミンゲサ(バルセロナ)
MFマルク・ククレジャ(ヘタフェ)
DFアレハンドロ・ポソ(エイバル)
MFブライアン・ヒル(エイバル)
DFフアン・ミランダ(ベティス)
MFゴンサロ・ビジャール(ローマ/イタリア)
MFブラヒム・ディアス(ミラン/イタリア)
MFマルティン・スビメンディ(レアル・ソシエダ)
MFジェレミ・ピノ(ビジャレアル)
FWハビ・プアド(エスパニョール)

関連リンク

  • 6/9 18:36
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます