浅川梨奈 共演の若手俳優を悪魔視「女の子をたぶらかせていそう」

拡大画像を見る

 女優の浅川梨奈(22)が9日、都内で行われたHuluの配信ドラマ「悪魔とラブソング」(19日配信開始)の記念イベントに、W主演の飯島寛騎(24)と出席した。浅川は同作で連ドラ初主演。

 漫画誌「マーガレット」で連載された人気漫画を実写化した同作は、正直すぎて悪魔と呼ばれる美少女と巻き込まれ男子が繰り広げる青春群像劇。ヒロインを演じる浅川は、悪魔風のブラックドレスで美貌を見せつけた。

 同作は高校の合唱コンクールが舞台で、歌に挑戦。W主演の飯島と居残り練習をするほど打ち込んだ撮影から「22年間歌が苦手で『どうしよう』と落ち着かなかったけど、この作品を通して歌が好きになった」と苦手克服を明かしていた。

 タイトルにちなみ、悪魔だと思う人を「飯島さん」と挙げた浅川は「悪魔はかわいい人のイメージ。飯島さんはクールに見えてお茶目」と撮影で明らかになった人柄を説明。飯島と同じ事務所所属で共演の奥野壮(20)も「女の子をたぶらかせていそう」と笑っていた。

関連リンク

  • 6/9 18:32
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます