【U-NEXT定額見放題】おすすめの名作サスペンス映画12選

拡大画像を見る

アカデミー賞は当たり前。世界三大映画賞も獲得済み。名作中の名作映画が、U-NEXTで観ることができます。U-NEXTには「定額見放題」と「ポイント」で観る作品の、2種類。今回は、U-NEXT定額見放題に指定されている、おすすめの名作サスペンス映画を12本ご紹介します。

サスペンス映画

赤と黒のショッキングなイメージの素材 - 複数のバリエーションがあります

緊張状態を描いた映画が「サスペンス映画」です。

1911年のフランス映画「ジゴマ」が日本で公開された時、あまりの衝撃で倒れた人が続出。1920年には、ドイツで「カリガリ博士」が登場。人間の内面を深く描いた作品は、後のサスペンス映画の基礎になりました。

「ジゴマ」公開から、109年。U-NEXTで配信されている名作サスペンス映画をご紹介します。

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画1:「メッセージ」

メッセージ

メッセージ

2016年/アメリカ/116分

作品情報 / レビューはこちら

U-NEXTで見る「メッセージ」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

原題は「ARRAIVAL」で日本語では「到着」。何が到着したのかというと、宇宙船「ヘプタポッド」です。ヘプタポットからは何か「メッセージ」が発信されていますが、解読不可能!

意味がわからないから怖い。怖いから攻撃を仕掛ける。SFドラマと同時に、人間を描いたサスペンス映画です。

◯KINENOTE:77.4点

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画2:「アルゴ」

アルゴ

アルゴ

2012年/アメリカ/120分

作品情報 / レビューはこちら

U-NEXTで見る「アルゴ」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

実話映画!1979年イランにあるアメリカ大使館で、本当に発生した人質事件を描いた映画です。人質にされたのは60人以上。中には運良く脱出できた人もいますが、見つかったら何をされるのか…。

そこで考え出したのは「映画スタッフのふりをして脱出しよう」作戦。突拍子もない作戦は、上手くいくでしょうか!?

◯KINENOTE:80.4点

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画3:「ナイトクローラー」

ナイトクローラー

ナイトクローラー

2014年/アメリカ/118分

作品情報 / レビューはこちら

U-NEXTで見る「ナイトクローラー」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

タイトルの「ナイトクローラー」は、一種のパパラッチ。夜に事件現場に赴いて、迫力のある映像や写真を撮るのがお仕事。

刺激的であればあるほど、儲かります。もっともっと儲かりたいと思った主人公は、禁断の方法をやらかしちゃいます。

人間のめり込みすぎると、怖い。

◯KINENOTE:77.4点

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画4:「LOOPER/ルーパー」

LOOPER/ルーパー

LOOPER/ルーパー

2012年/アメリカ/118分

作品情報 / レビューはこちら

U-NEXTで見る「LOOPER/ルーパー」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

「ルーパー」は、未来からやって来た者を殺す始末屋。

2074年に、タイムトラベルは実現可能になりました。時間旅行ができるとはいえ、簡単にしちゃいけないんです。法律で禁止されているから。

しかし悪い人達は、タイムトラベルを使用。抹殺したいターゲットを過去に送り、ルーパーに始末させているのです。

◯KINENOTE:70.7点

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画5:「モンスター」

モンスター(2003)

モンスター(2003)

2003年/アメリカ/109分

作品情報 / レビューはこちら

U-NEXTで見る「モンスター」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

「モンスター」とタイトルはついていませんが、怪獣は出てきません。ある意味怪獣よりも恐ろしい者が登場します。

彼女の名前は、アイリーン・ウォーノス。次々と男達を手に掛けた、実在の殺人者。映画タイトルの「モンスター」は、彼女のことでしょうか?それとも…。

◯KINENOTE:73.3点

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画6:「ノーカントリー」

ノーカントリー

ノーカントリー

2007年/アメリカ/122分

作品情報 / レビューはこちら

U-NEXTで見る「ノーカントリー」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

ある日のこと、男は大金をゲットしました。お金の出処はギャング。お金をとられたギャングにとっては、面白くありません。

男を追跡するのが、超ヤバい殺人者。

この世の残酷さを描いた作品は、第80回アカデミー賞作品賞を含む4部門を受賞しました。

◯KINENOTE:76.2点

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画7:「ユージュアル・サスペクツ」

ユージュアル・サスペクツ

ユージュアル・サスペクツ

1995年/アメリカ/105分

作品情報 / レビューはこちら

U-NEXTで見る「ユージュアル・サスペクツ」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

「ユージュアル・サスペクツ」の原題は「The Usual Suspects」。意味は「いつもの容疑者」です。

銃を積んだトラックが襲撃されました。容疑者として浮かび上がったのが、”いつもの容疑者”です。窃盗犯2人・爆薬のプロ・汚職刑事・詐欺犯。

アカデミー賞助演男優賞ゲットした、ケビン・スペイシーに注目!

◯KINENOTE:79.7点

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画8:「カンバーせーション...盗聴...」

Unspecified - 1974: Gene Hackman appearing on the ABC tv series 'Wide World of Entertainment' episode 'Movies, Movies, Movies'. (Photo by Walt Disney Television via Getty Images)

主役はジーン・ハックマン

U-NEXTで見る「カンバーせーション…盗聴…」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

映画のタイトルになっている「Conversation」は、情報交換の意味です。辞書で引くと「会話」ですが、情報を交換するために会話する意味で使われます。

映画に出てくる「情報」の出処は、盗聴!ヤバい情報を盗聴でゲットした男は、次第に追い詰められていくのでした。

カンヌ国際映画祭グランプリを獲得!サスペンス映画の名作です。

◯KINENOTE:71.3点

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画9:「羊たちの沈黙」

羊たちの沈黙

羊たちの沈黙

1991年/アメリカ/119分

作品情報 / レビューはこちら

U-NEXTで見る「羊たちの沈黙」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

「バッファロー・ビル」が犯した殺人事件。若い女性が次々と犠牲になりますが、犯人はどこの誰かはハッキリしていません。

FBIアカデミーのクラリスは、事件解決のためにハンニバル・レクターに接触。ハンニバル・レクターは、バッファロー・ビルに負けないぐらいの怖い人。

アカデミー賞5部門受賞を始め、ベルリン国際映画祭で監督賞を受賞した名作です。

◯KINENOTE:81.8点

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画10:「グッドフェローズ」

グッドフェローズ

グッドフェローズ

1990年/アメリカ/145分

作品情報 / レビューはこちら

U-NEXTで見る「グッドフェローズ」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

「グッドフェローズ」の意味は、何でも話せる仲間です。でもマフィアの世界だと「同じ組に属している者」になります。

映画には3人のグッドフェローズが登場。次々と悪いことをしでかします。そしてついには、警察よりももっと恐ろしい者に追われることになりました。

登場人物の1人。レイ・リオレッタが演じたヘンリー・ヒルは、実在のマフィアです。

ヴェネティア映画祭監督賞受賞作品。

◯KINENOTE:75.5点

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画11:「青春の殺人者」

青春の殺人者

青春の殺人者

1976年/日本/132分

作品情報 / レビューはこちら

U-NEXTで見る「青春の殺人者」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

主人公はスナックの雇われマスター順。優柔不断な性格で少々無責任な部分もあります。無鉄砲者ではありますが、人を殺せるような人ではありません。

でも殺ってしまいました。殺したのは、実の両親です。

順を演じるのは、映画公開当時24歳だった水谷豊。昭和時代の危なっかしい青春を描いた映画です。

1976年度キネマ旬報第1位。

◯KINENOTE:76.4点

U-NEXT定額見放題のおすすめサスペンス映画12「天国と地獄」

Portait of Japanese director Akira Kurosawa. 1980s (Photo by Archivio Apg/Mondadori Portfolio via Getty Images)

監督は世界のクロサワ!

U-NEXTで見る「天国と地獄」

リンクをクリックすると動画ページへジャンプ

シューズ会社重役の息子が誘拐されました。しかし誘拐されたのは、運転手の息子で別人。犯人側も気がついています。

ところが、犯人からは身代金5000万円を要求されました。犯人が指示したのは、現金をカバンにつめて特急列車に乗ること…。

毎日映画コンクールを始め、国内の映画賞を総なめにした名作です!

◯KINENOTE:85.5点

関連リンク

  • 6/8 18:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます