乃木坂46遠藤さくらが「初選抜」「初センター」を掴んだパフォーマンス力【アイドルセンター論】

拡大画像を見る

なぜ彼女たちは「センター」に立ったのか⁉
アイドルセンター論
乃木坂46 遠藤さくら(前編)

 2021年6月9日に27thシングル『ごめんねFingers crossed』を発売した乃木坂46。本シングルをもって1期生の松村沙友理が卒業を発表しており、彼女がセンターを務めるのではないかという声もあるなか、抜擢されたのは4期生の遠藤さくらだった。

 遠藤がセンターを務めるのは今回で2度目。白石麻衣という大黒柱でエースの卒業の後でセンターに抜擢された3期生の山下美月に引き続き、グループ内では若い世代に位置する4期生が中心に立つことは、乃木坂46の未来を考えるうえで非常に興味深いものである。

 4期生の遠藤は先輩たちが歩んできたキャリアとは異なる形で乃木坂46に加入してきた。2018年6月から7月にかけて開催された坂道グループ全体で行われた新たな試み「坂道合同オーディション」によって配属先が未定のまま合格し、同年11月に乃木坂46に11人のうちのひとりとして加入を果たす。

「引っ込み思案な性格を変えたい」との思いでアイドルを志した彼女は加入した当初は、控えめで口下手な性格からか、そこまで突出した印象を与えてはいなかった。しかし、同年12月に日本武道館で開催された「乃木坂46 4期生お見立て会」では高難度のダンス曲『インフルエンサー』のセンターを務め、あどけなさを残しつつも迫力のあるパフォーマンスで大きな反響を呼んだ。

 そこから7か月後の2019年7月。遠藤は24thシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』にて初選抜、初センターに突如抜擢されたことで次世代センターとして注目が集まった。

 乃木坂46加入から初選抜初センターという意味では堀未央奈の存在を想起させるが、そのときと明確に異なるのが同期の賀喜遥香と筒井あやめがフロントに選ばれたということだろう。それでもセンター抜擢に際しては不安を口にしていた遠藤だったが、いざ蓋を開けてみると堂々たる佇まいで、加入から1年未満にして大きな成長を感じさせた。

 2020年5月にはファッション誌『non-no』(集英社)の専属モデルに抜擢され、小顔でスレンダーという恵まれた体型を活かして多方面で活躍。またドラマ『サムのこと』(dTV)で主演のサムを演じると、2021年にはひかりTVオリジナルドラマ『ボーダレス』にて松宮結樹という物語のキーマンに挑戦し、女優としての幅も広げている。

 最近では『ノギザカスキッツ』(日本テレビ系)で様々なコントにも挑戦。『BUBUKA』(2020年12月号)のインタビューで遠藤は「ずっとライブでパフォーマンスするのは大好きなので、『スキッツ』で培った表現力でもっと存在感を出していきたいです」と話しており、『ノギザカスキッツ』の経験は彼女のパフォーマンスに活かされていくことだろう。

 乃木坂46加入からとてつもないスピードで成長を遂げている遠藤。2度目のセンター抜擢について様々な議論がなされているが、これまでの活躍を見ていれば単なる偶然ではないことが分かるだろう。後編では彼女のパフォーマンスから魅力を考えていきたい。

関連リンク

  • 6/9 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます