38歳デフォー、レンジャーズとの契約を1年延長! 来季からは選手兼コーチに

拡大画像を見る

 レンジャーズ(スコットランド)は8日、元イングランド代表FWジャーメイン・デフォーとの契約を1年延長したことを発表した。

 現在38歳のデフォーはウェストハム、トッテナム、ポーツマス、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のトロントFC、サンダーランド、ボーンマスなどでのプレーを経て、2019年1月にレンジャーズへ期限付き移籍し、昨年夏から完全移籍で加入している。同クラブでは公式戦通算72試合に出場し、32ゴール10アシストを記録。今シーズンは公式戦20試合の出場で7ゴール2アシストを記録し、10シーズンぶり55回目となるスコティッシュ・プレミアシップ優勝に貢献した。

 契約は今シーズン限りとなっていたことからデフォーの去就に注目が集まっていたが、レンジャーズは同選手と1年の契約延長を発表。さらに、来シーズンからは選手だけではなく、コーチの役職に就任することも明らかとなった。

 契約を延長したデフォーはクラブ公式サイトを通じ、「僕がどれほどこのクラブを愛し、ファン、選手、クラブのスタッフとの関係を愛しているか十分に明らかとなっている。だから、契約を締結することができて、ただただ嬉しく思っている。シーズンが終わる前から望んでいたことだった。今シーズンは特にリーグ優勝でシーズンを終えることができたしね。もう1年選手兼コーチとしてサインをして、再びこの一員でいられることは僕と僕の家族にとって素晴らしいことだと感じている」と喜びを語っている。

 また、レンジャーズを率いるスティーブン・ジェラード監督も、「選手として、そして新しくコーチとしてジャーメインがいることを非常に嬉しく思っている。長年彼のことは知っているし、彼との関係はよく知られている。クラブ全体の攻撃陣に彼の素晴らしい経験と、プロ意識を伝えてくれることを期待している」とコメントしている。

関連リンク

  • 6/9 16:00
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます