小倉智昭 自分は「知ったかぶりする」「偉そうに見える」の自覚

拡大画像を見る

 キャスターの小倉智昭が8日にNHKで放送された「プロフェッショナル」に登場。自身について「しったかぶりするやつ」「偉そうに見えるところがある」と短所を述べる一幕があった。

 今年3月末に小倉が22年MCを務めたフジテレビ系「とくダネ!」が終了することから、番組はその前後に密着。最終回のわずか16時間前に小倉が「明日はつまんねえ番組になると思うんだ」「絶対独りよがりの番組になると思うよ」と「とくダネ!」最後の放送への不安を吐露。

 さらに「見てる人は小倉さんのためもへったくれもないんだって。最後の終わる瞬間だけどんな顔で終わるんだろうってぐらいだよ、興味あるのは。そんなもんですよ、22年やったって」と客観的な視点を披露していた。

 小倉は、自分がどう見えているかも客観視できていた。

 「ボクは決して第一印象は良くないんです」と切り出し、「テレビに出ている表情も偉そうだし、でかい態度にも見えるし、なんでも知ったかぶりするヤツだなって」と冷静にコメント。

 「例えば、歌手の話が出て、『この人のレコード全部持ってて聞くけど』って、そんなこと言わなきゃいいのに。この人のことよく分かってるんだよって言うためにそういう言葉を使いがち。それが偉そうに見えたりするところが絶対にある」と、具体的な例もあげ「自分でもビデオを見て分かりますから」と「偉そうに見える」ことをしっかり自覚。ナレーションも「自分の短所をしっかり理解していた」と説明していた。

関連リンク

  • 6/9 15:44
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます