栗山千明“瑠璃”、小関裕太“亮”の兄に会いに行くが衝撃の発言を受け…

拡大画像を見る

栗山千明が主演を務める水ドラ25『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』(テレビ東京系、毎週水曜25:10~)の第10話が、6月9日に放送される。

本作は、栗山が演じる見た目“百戦錬磨”風、なのに実際は彼氏いない歴15年の超ド級の恋愛初心者・九条瑠璃と、笑顔の下に本音を隠した年下王子・真宮亮(小関裕太)の嘘から始まる、トキメキ必至のオリジナルラブコメディ。

第9話では、誕生日を祝われたことがないという亮を祝うため瑠璃は大奮闘。ところが、仕事のトラブルの後処理で誕生日当日がすぎてしまい……。放送後、インターネット上では、心通わせる2人に「めちゃ泣きでした」「過去一でキュンキュンドキドキしました」「キュンキュンしすぎて涙出た」とのコメントがあがっていた。

<第10話あらすじ>
朝、瑠璃(栗山)の家で目覚める亮(小関)。兄・賢治(吉沢悠)からの着信があるが、亮は無視をする。しかし瑠璃から、賢治が倒れた原因が過労だったと聞き、亮は賢治に会うことを決意する。

次の日、会社で明らかに元気がない亮を見て、瑠璃は会議室に呼び出す。亮は、昔賢治に家から出て行けと言われたのに、今更になって会社を手伝ってくれと言われ、混乱をしていると打ち明けた。その姿を見た瑠璃は、賢治に会うことにする。

賢治の意思を確認すべく、話をした瑠璃。すると、賢治から衝撃の発言が……。

関連リンク

  • 6/9 15:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます