カンニング竹山が過激に断言 尾身氏らの提言「IOCのオヤジは聞かねえよ」

拡大画像を見る

 お笑いタレントのカンニング竹山が9日、フジテレビ系「バイキングMORE」に出演。政府分科会の尾身茂会長が、8日の参議院厚生労働委員会で関係者を通じて感染リスクなどに関する専門家としての見解をIOC(国際オリンピック委員会)に伝えたいとの考えを示したことに言及し「伝わるわけないと思うんですよ」と、持論を展開した。

 番組では、尾身会長が「私はIOCに直接のコミュニケーションのチャンネルを持っていない。IOCにも日本の状況を知ってもらい、理解してもらうことが大事。どこに我々の考えを出すか考慮中だが、出した人からIOCにぜひ我々のメッセージを伝えていただきたい」などと話したことを伝えた。

 竹山は、尾身会長らの提言がIOCに「伝わるわけないと思うんですよ」と断言。「なぜなら、そもそもオリンピックやる時に不平等条約結んでるわけだから。それでもやらせて下さい!って結んでるわけでしょ、IOCなんか4年に1回しか収入源ないんだから。冬季入れたら2年に1回しか収入源なくて、そこの金、絶対もうけようとしてるわけだから。仕事なんかそれしかないんだから、あの人たち」と言い切った。

 そして「だから結局、言ったところであのオヤジたち聞かないですよね。これ言ったら元も子もないけど、何言ってもIOCのオヤジは聞かねえよって」と過激に話した。

関連リンク

  • 6/9 14:07
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます