好きな人を部屋に呼ぶ前に断捨離すべき「非モテアイテム」9パターン

気になる相手といい感じになり、家にあがってもらえるところまでこぎつけたとしても、非モテアイテムが部屋に鎮座していたら、それまでのムードも台無しになってしまいます。女の子が家に来る可能性が発生した時点で、邪魔なものは片付けておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「好きな人を部屋に呼ぶ前に断捨離すべき『非モテアイテム』」をご紹介します。

【1】いくら貢いだの?とのめりこみ具合を疑われる「アイドルグッズ」
「『この子が推しなんだな』とかわかってしまうと、なんか興ざめです」(10代女性)というように、「アイドル好き」の事実が露呈してしまったら、ほほえましく見守ってもらうのは難しいようです。即座に気持ちを封印する必要はないとしても、グッズは視界に入らないところにしまっておきましょう。

【2】オタク認定は避けられない「ガチのフィギュア」
「メジャーなキャラでも凝りすぎているフィギュアはなんか引く」(20代女性)というように、ガチのフィギュアは「ガチのオタク」を連想させるため、なかなか受け入れてもらえないようです。とくに美少女系は偏見の目で見られがちなので、隠しておきたいところです。

【3】臭いや健康被害を気にして嫌がられる「吸い殻が刺さった灰皿」
「とにかく臭いし、隣で吸われたら耐えられないと思います」(20代女性)というように、タバコ嫌いの女の子には、汚い灰皿があるだけでも「配慮が足りない」と思われてしまうようです。灰皿を見えないところに片付けて、吸いたいときは屋外に出るなど、できる限り気を使いましょう。

【4】貧乏臭さが5割増しになる「ヨレヨレの部屋着」
「スーツ姿が素敵な人だけに一気に萎えた」(20代女性)というように、あまりにボロボロの部屋着のせいで、本人のイメージまで台無しになってしまうパターンです。家にいるときくらい、寛げそうな服を着たいものですが、お客さんを招くのであれば、そこそこキレイめのコーデを目指したいものです。

【5】他人任せの姿勢が男らしくない「開運グッズ」
「自分で運命を切り拓いてよ!って感じです」(20代女性)というように、「開運」を祈るスピリチュアルなグッズは、他力本願な人間性を思わせ、頼りない印象を与えてしまうようです。有名な寺社仏閣のものならまだしも、風水やパワーストーン系のアイテムは、人によって受け止め方が様々なので、見えるところに置くのは控えましょう。

【6】まるでゴミ屋敷!とドン引きされる「飲みかけのペットボトルや弁当の空き容器」
「なんでインスタントラーメンのカップを重ねて置いておくのかな…」(20代女性)というように、いかなる理由があったとしても、ゴミを溜めたままにしておくとドン引きされてしまうようです。前日までにゴミは処分し、ついでに部屋の掃除をしてはいかがでしょうか。

【7】簡単に人に騙されそう…と憐れみの目で見られる「怪しい成功ノウハウ本」
「バカでも儲かるとか、ブサイクでもモテるっていう本ばっかじゃん…」(20代女性)というように、過激なタイトルの自己啓発本があると女の子に失笑されてしまいそうです。知的でまじめな自己啓発本ならともかく、「すぐ○○できる!」系の本は片付けておきましょう。

【8】努力せずに買うだけで満足していそう…と思われる「胡散臭い筋トレグッズ」
「怪しい通販で買った痩せるグッズを見て切なくなりました」(20代女性)というように、ラクして鍛えるグッズが見つかると、大変恥ずかしい思いをしてしまうようです。女の子に見られてもいいのは、使い込んだダンベルや腹筋ローラーくらいでしょう。

【9】未練タラタラじゃん!と興ざめされる「元カノとの思い出の品」
「このマグカップ、元カノが使っていたものでしょ…と気持ちが一気に冷めた」(20代女性)というように、元カノのものを部屋に残すのはご法度のようです。新しい恋に向かいたければ、心を鬼にして、すべて処分しましょう。

あなたの部屋に置いてあるものは出てきましたか?もしあるのなら、女の子が部屋に来る前にすべて処分するか、見えないところに片付けておくことをお勧めします。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/9 11:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます