「そ、それヤメて…」若見えする人は選ばない、キケンな柄物コーデ

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/229330/ )

いつまでも若々しく見える人は、着ている服から何かが違う。それは、身につけているアイテムの組み合わせや配色バランス、素材など細かい部分まで緻密に計算されているからです。

ですが、そのテクニックはなかなか一朝一夕に手に入るものではありません。なので、まずはやってはいけないコーデだけでも把握しておきましょ!

今回は若見えする人が選ばない、やらない柄ものとそのコーデをご紹介。

 

かわいい「淡い花柄」もチュニックはキケン…「スラックス」もNG

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/229330/ )

柄ものの中でも難しいのが、淡い花柄。一見するととても女性らしくておしゃれなのですが、フェミニン要素が強すぎるので若々しい印象というよりは、色合いや柄によって痛々しくも見える可能性があります。

 

かといって落ち着きのある色や高級感のある柄のタッチはある意味、年齢とアイテムがマッチし過ぎてけばけばしいイメージにも……。

 

とくに気をつけたいのは、チュニック丈のトップスにスラックスというマダムコーデ。トップスに柄を持ってくると華やかになるイメージはありますがその分、顔まわりに視線が集中するので、顔と服の柄のミスマッチさが際立ちます。

 

であれば、なるべく柄はスカートなどのボトムスで取り入れる。モノトーンでピリッと辛く引き締めるほうが若々しさを感じやすい着こなしに。

 

意外に上級な「柄モノ小物」、カジュアルコーデでは避けて

 

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/229330/ )

柄モノアイテムをお洋服で取り入れるのが苦手という方にオススメしている柄小物。ですが、これもケースによってはオバ見えしやすいスタイルでもあります。

 

皆さんも一度は「可愛い柄を服では取り入れられないから、バッグやストールでさりげなく取り入れよう!」と考えたことがあるはず。それに、せっかくお金を出して小物を買うなら無地でシンプルなものよりちょっと柄やデザインが入ったアイテムを買ったほうが満足感が得られる気もしますよね。

 

でも、そういった主張の強い小物は実際、お洋服との組み合わせに悩みがち……。本当に手持ちの服が無地でシックなものばかりなら、良いアクセントになるのですがカジュアルなデニムにカジュアルなデザインのTシャツ、ちょっと部分的に柄の入ったアイテムと組み合わせると一気にうるさい印象に。

 

柄モノの小物は、手持ち服の相性と本当にさりげない良いアクセントになっているかどうかを見極めましょう。

 

色は統一すると若見え!

柄が入っているお洋服、または小物を取り入れるときは全身のコーディネートの色味を統一させるのもテクニックとしておすすめです。ぱっと見は柄の主張が強くても、全身に統一感があるので馴染みの良さが上品さと若々しさを印象付けます。ぜひ、これらのポイントを参考に柄モノコーデを取り入れてみてくださいね。

関連リンク

  • 6/9 2:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます