仲野太賀、菅田将暉に嫉妬した過去告白

【モデルプレス=2021/06/09】俳優の仲野太賀が8日放送の日本テレビ系バラエティー番組『踊る!さんま御殿!!』(毎週火曜よる7時56分~)に出演。俳優の菅田将暉に嫉妬した過去を振り返った。

◆仲野太賀、菅田将暉に嫉妬した過去

「若くして売れた早咲き20代」として出演した仲野だが、「ジェラシーがないわけではない」と学生時代には特にジェラシーを感じることがあったと告白。

仲野は「面接だけでお芝居を見てもらえなかった。結局落ちちゃって、落ちた理由が『もっと田舎っぽい雰囲気の子がいい』と言われたんです」と当時受けたオーディションを回顧した。

そのオーディションのことを当時から友人だった菅田に話すと、実は菅田もそのオーディションを受け、芝居もして受かっていたことが判明したという。

仲野は「当時、僕は戦争ものから帰ってきて、日焼けしてて丸坊主でどこからどう見ても田舎っぽい雰囲気あったんですよ。一方菅田将暉は色白の金髪ロン毛で、田舎っぽさどこやったんだよって…」と納得がいかなかったオーディション結果を振り返り、「そのときに初めてジェラシーという言葉の意味を知りましたね」と話した。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/9 10:14
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます