森久保祥太郎の登場に驚く視聴者、横浜流星&向井理ダッシュ対決も注目集まる…「着飾る恋には理由があって」第8話

拡大画像を見る

川口春奈と横浜流星、向井理らが共演する「着飾る恋には理由があって」の8話が6月8日オンエア。声優の森久保祥太郎の登場にネットが驚く一方、ラストでの横浜さん演じる駿と向井さん演じる葉山の“ダッシュ対決”にもSNSが大きく盛り上がっている。

想いを寄せる社長のため、SNSで“着飾った”自分を見せてきた主人公が、挫折したミニマリストの天才料理人との出会いで変わっていくが、想いを寄せていた社長がその関係に割って入ってきて…というストーリーが展開する本作。

SNSを駆使する“キラキラ”広報・真柴くるみを川口さんが、キッチンカー「Fuji Bal」(フジバル)を経営している元天才料理人の藤野駿を横浜さんが、くるみが想いを寄せていた「el Arco Iris」元社長の葉山祥吾を向井さんがそれぞれ演じる。


また、くるみ、駿が暮らし葉山も居候しているシェアハウスの住人、オンラインカウンセラーの寺井陽人には丸山隆平。陽人に親しい関係になっていく羽瀬彩夏に中村アン。シェアハウスの家主・早乙女香子には夏川結衣。「el Arco Iris」の社員・茅野七海に山下美月(乃木坂46)。秋葉亮に高橋文哉。松下宏太郎に飯尾和樹(ずん)といったキャストも共演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は元カノ・葉菜(山本千尋)から、また自分の店に来るよう言われた駿が、再び本気で料理に集中するようになり、真柴との距離が開いていく。そんななか真柴と駿の関係を知った香子がふたりにフレンチレストランの大人のデートをプレゼントするのだが、当日駿の店に予約が入って…というストーリー。


真柴と駿のデート日にランチの予約を入れるお客の役で出演したのが、声優の森久保さん。森久保さんの登場に視聴者からは「着飾る恋に森久保さん出たの?マジかよ」「普通に森久保さん出てきてびっくりした!」「森久保祥太郎さん出ていて驚いた」などの反応が次々と寄せられる。


その頃新事業に出資が決まり、そのことを真柴に報告する葉山は、電話の向こうで香子がデートを中止するよう話しているのを耳にし、香子に「代わりに自分が行く」と伝える。一方の駿も今まで使ってこなかったスマホで真柴に連絡しようとするも、見知らぬ番号と思われてしまい…真柴が待つ表参道の交差点へついた駿は、真柴に向かって「くるみ!」と叫ぶもその声は届かず、駿の目の前で真柴は葉山と落ち合う…というラストだった。


ダッシュする2人にSNSには「シャチと駿くんの全力ダッシュ!!!!大興奮」「表参道長距離走~真柴がいる場所がゴール~に」「いけーーーー!!!って叫んでしまった」「駿とシャチの逆転がリアルに走力対決になるとは思わなかった」などのコメントが続々投稿されている。

(笠緒)

関連リンク

  • 6/9 7:20
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます