山田裕貴・宮沢氷魚・戸次重幸NHK朝ドラ『ちむどんどん』発表で「超顔面」路線確定

拡大画像を見る

 2022年度前期放送予定のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の追加キャストが、6月8日に発表された。同作は黒島結菜(くろしま・ゆいな=23)が主演を務め、来年2022年に本土復帰50年となる沖縄が舞台の作品である。

 今回発表された追加キャストは、宮沢氷魚(27)、山田裕貴(30)、前田公輝(30)、渡辺大知(30)、山路和弘(67)、片桐はいり(58)、石丸謙二郎(67)、きゃんひとみ(61)、あめくみちこ(57)、ガレッジセールの川田広樹(48)、TEAMNACSの戸次重幸(47)ら11名。人気イケメン俳優の山田と、昨年のNHK連続テレビ小説『エール』で大ブレイクした宮沢に注目が集まっているが、男性陣の顔面偏差値のあまりの高さに驚かされる。

「山田と宮沢がとりわけ際立っていますが、同世代の前田と渡辺も整った顔立ちをしているし、戸次やベテラン枠の山路と石丸も、いわゆる“イケオジ”です。ベテラン陣はルックスだけでなく、山路はヒュー・ジャックマンを筆頭とした渋い吹替えを務めており、石丸は『世界の車窓から』(テレビ朝日系)のナレーションの仕事など、実に魅力的な声の持ち主としても知られていますね」(女性誌記者)

 山田は黒島演じる主人公の比嘉暢子の姉・良子(川口春奈)の友人で、教員仲間の石川博夫(いしかわ ひろお)を、宮沢は東京からやってきた、比嘉家の友人青柳和彦(あおやぎ かずひこ) 役として出演する。ちなみに、既報では暢子の兄に竜星涼(28)の出演も告知されている。朝から多くのイケメンが堪能できそうだ。

■北海道の次が沖縄の山田

「山田と宮沢は以前から人気でしたが、今年に入ってますますブーストがかかっています。とりわけ山田は、映像作品の出演ペースが凄まじい。1話だけのゲストも含めると今年だけでドラマは『青のSP』(フジテレビ系)、『ここは今から倫理です』(NHK)、『監察医朝顔』(フジテレビ系)、『川のほとりで』(WOWOW)、7月から『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)の5本、映画は『東京リベンジャーズ』、『燃えよ剣』、『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』の3本。ジャンルもキャラもバラバラなだけに、カメレオン俳優ぶりに磨きがかかっています」(前出の女性誌記者)

 山田は、広瀬すず(22)主演のNHK朝ドラの『なつぞら』に出演していたが、舞台が北海道だったため「今度は沖縄、真逆の土地ですね」とコメント。さらに、朝ドラについて、

「愛を教えてもらった現場でした。それまで俳優は苦しまなければ上手くなれない、強くなれないと思っていましたが、現場づくり、一緒に楽しむことを教わった気がします。仲間がたくさんできたし、ほぼ全くなかった街中で声をかけていただくこともこの頃からほんとに増えました。キャストさんやスタッフさんからたくさん愛をいただいた気がしました。もちろん応援してくださった皆様にも一生忘れられません」

 と、コメントしている。

「沖縄料理が好きで、沖縄料理屋でバイトしていて先輩が横で沖縄三味線を弾いてくれたり、ハブ酒も嗜んだりしたそうですが、沖縄を訪れたことはないそうです。コロナ禍のご時世ではありますが、初沖縄を存分に楽しんでほしいものですね」(前同)

■「確実に売れる枠」に抜擢された宮沢

 いっぽうの宮沢は、本作で完全にトップ俳優の仲間入りする可能性が高いという。

「設定が、“子どもの頃に暢子たちの暮らす村に滞在”“再会を約束して東京に戻り、数年後上京した暢子と再会する”という、朝ドラのお約束とも言える“主人公の相手役”なんです。このポジションの俳優は、結末が破局でも結婚でも物語でフォーカスされて描かれるため、必然的に人気が出やすい。近年このポジションで売れた俳優は、枚挙にいとまがありません」(専門誌記者)

「結ばれなかった・恋愛に発展しなかった枠」では、17年の『ひよっこ』で竹内涼真(27)や同年の『ひよっこ』で竜星涼、19年に『なつぞら』で吉沢亮(27)などが。「結ばれた枠」は、12年の『梅ちゃん先生』の松坂桃李(32)や、その後不倫騒動でケチは付いてしまったが13年の『ごちそうさん』での東出昌大(33)などがそれぞれ思い浮かぶ。実に豪華な顔ぶれなのだ。

「氷魚の父親は14年に解散したバンド『THE BOOM』のボーカル・宮沢和史(54)ですが、代表曲が三線や琉球音階など沖縄音楽の要素を取り入れた『島唄』という縁があります。昨年6月17日には、氷魚が自身のインスタで三線を弾く動画を投稿していましたね」(前同)

■役にシンクロした生い立ち

 すでに「引っ越し先になじめない」という部分で役柄にシンパシーを感じているらしく、

「自分にすごく近いものを感じました。僕は生まれがアメリカで、生後すぐに日本での生活が始まりました。幼少期からインターナショナルスクールに通っていたこともあり、近所の子どもたちや、環境に馴染めない経験もあります。新しい環境に馴染む難しさを知っているからこそ和彦の気持ちはとても理解できます」「過去の自分、そして成長した僕自身を参考することによって、より和彦という人物に深みを生み出せたらいいなと思っています」

 とコメントしている。

「現在放送中の朝ドラ『おかえりモネ』は、幼なじみ枠にKing&Princeの永瀬廉(22)、憧れの人枠に西島秀俊(50)や坂口健太郎(29)と、やはりイケメンぶりがバラエティ豊かで、毎週盛り上がっています。『ちむどんどん』では、この路線がさらに強化されることになりそうですね」(前出の専門誌記者)

 2022年は、朝から多種多様なイケメンが堪能できそうだーー。

関連リンク

  • 6/9 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます