世帯年収1000万円超の生活 「残業削減で年収頭打ちです。手取りも減少しています」「中古別荘を2つ持ってます」

拡大画像を見る

世帯年収1000万円超のビジネスパーソンは、どんな暮らしぶりで、どのような現実問題と直面しているのだろうか。一般的には「それなりの生活ができていそう」とイメージされがちだが、内情は違うらしい。都内に住む30代既婚女性(金融・保険系)は、夫婦と子ども3人の5人家族で世帯年収1300万円。キャリコネニュースに

「夫婦ともに総合職だが、私の年収は頭打ち。働き方改革による残業時間の削減と、改悪をたどる人事制度のせいで、私の手取りは年々減少している」

と会社に対する不満を寄せている。今回は、年収1200~1400万円世帯のキャリコネニュース読者の声を見てみよう。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「妻は外に働きに出ていて、家事はほとんど私がやっています」

メーカーに勤務する千葉県の50代男性は、世帯年収1300万円。子どもは3人いるが、「3人ともすでに成人しています。末子が来春に大学を卒業予定です」と語る。そのため「学費などの出費はほとんど終わり、質を問わなければ大概のことはできます」と生活状況について続ける。

「郊外に購入した中古物件に住んでいます。いわゆる田舎の一戸建てですが、住宅ローンは完済。ちなみに山間と海辺に1つずつ、中古の別荘も持っています。毎週末のペースで使っているから、旅行は別荘で充分。それ以外には、ふるさと納税で入手した宿泊券を年2回使うぐらいですかね」

車は国産車を4台所有しているが、こちらも「3台が中古です」と述べており、ローンについては「少し残っています」と明かす。またライフスタイルについては、

「私は酒もタバコもしません。妻は外に働きに出ていて、家事は私がほとんどやっています。今は、ほぼ在宅勤務になったので。料理が好きなので、外食はほとんどしません。金融資産は現金を含め数百万円。これから老後に向けて貯金する予定です」

と書いていた。

「日常生活に必要な物は、財布を気にせず買える」

広島県の30代既婚女性は「お金をかけるところ、かけないところをはっきりとさせ、100円でも無駄にしないよう心がけています」と打ち明ける。現在は世帯年収1200万円で、契約社員として働きながら、子ども1人を養っている。

メリハリのついた家計管理のおかげか、「日常生活に必要な物は、財布を気にせず買えるので満足です。大きな仕事を終えた時など、自分へのご褒美として高価な物を買うこともできます」とコメント。また、女性は税金について、

「驚くほど高いと感じます。でもこれだけインフラが整い、かつ安全な国に住めているので不満はありません。私の思う幸福は、単に今より収入が増えることではありません。それよりも、充実した1日が送れるよう"いい仕事ができる"こと、家族や人とつながれる"時間の多さ"だと思います」

と持論を述べていた。

ほかには

「子どもの頃から献金をしており、今でも奉仕団体などへの寄付活動を続けています。その額は、年間にして150万円以上です。でも不思議なことに献金をすると、回り回って別ルートからお金が戻ってくることを実感。それもあり、常に年収に対して余裕を感じられています」(70代既婚男性/神奈川県/専門コンサル系/世帯年収1400万円)

という声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」あなたの職場のサイコパスなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収550万円の30代女性「夫は一日1箱のタバコと、500ml 缶3本分のアルコールは減らせないとのこと。私は食費も削ってるのに」
世帯年収1800~2000万円のリアル「普段はユニクロ、2~3年は同じものを着てる。車は530万円で中古車を一括購入」

関連リンク

  • 6/9 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます