柏木由紀 「脊髄空洞症」手術治療で休養 30歳目前、7・7ソロコンサート延期

拡大画像を見る

 AKB48の柏木由紀(29)が当面の間、休養することが8日、グループの運営会社と所属事務所から発表された。3日に自ら罹患(りかん)していることを明らかにした「脊髄空洞症」の手術治療のため。近日中に入院予定で、7月7、8日に予定されていたソロコンサートや、8月31日予定のWACK所属グループとのコラボシングル7作同時リリースなどは延期となる。アイドルの象徴が、30歳を目前に大きな試練を迎えた。

 国の指定難病となっている「脊髄空洞症」への罹患を公表してから5日、柏木の休養が明らかになった。公表を受け、事務所と運営会社間で今後の方針を協議。大事を取り、早期手術と治療を行う方針が固まった。

 事務所は7月15日に迎える30歳の誕生日に写真集を発売することを発表すると同時に、「この日を皆さまに笑顔でお祝いしていただけるよう、治療に専念させていただきます」とした。11、12日のAKB48関連の公演および7月のソロコンサートは延期が決まった。

 1年以上前から左手にしびれを覚えていた柏木は、3日放送のテレビ東京系「主治医が見つかる診療所【芸能人“お悩み解決”人間ドックSP】」に出演し、人間ドックを受診。MRI検査の画像から「脊髄腫瘍」、「脊髄空洞症」の疑いがあると指摘され、放送後に公式You Tube上で「脊髄空洞症」を明かしていた。

 事務所によると、現在の体調は「首に痛みが出ることがあるようだが、日常生活に支障はない」という。入院までは「医師の指導の下、身体に負荷がかからないと判断された仕事については、手術入院前まで継続させていただきます」と、可能な仕事は継続する。

 柏木はこの日、ツイッターで「まずは治療に専念して、今まで以上に元気な姿をお見せできるようにしたいと」などと報告。9日にはゲストMCでABEMAのニュース番組「ABEMA Prime」(後9・00)に出演予定で、思いを語ることになりそうだ。

関連リンク

  • 6/9 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます