「キリンレモンが最近店にない」ネットの嘆き どうしても欲しいときの「奥の手」

拡大画像を見る

「キリンレモン」が最近お店にない――ツイッター上で、こんなつぶやきを時折見かける。長年親しまれている、無色透明の炭酸飲料だ。

スーパーやコンビニを見て回ると

記者が6月8日に東京都中野区のコンビニエンスストアを訪れたところ、1店目には取り扱いがなく、2店目でキリンレモンを発見した。ここでは2020年6月に発売された「キリンレモン 無糖」も置かれていた。スーパーマーケット1店も訪れたが、こちらには置いていなかった。

同僚の記者が東京都板橋区の小売り店を調査したところ、コンビニでは3店中1店でキリンレモンと「無糖」が売られていた。スーパーでは2店中1店でキリンレモンを発見した。また、キリンブランドの自動販売機1台にもキリンレモンがあった。ドラッグストア1店にはなかった。

さらに別の記者が横浜市で調査・コンビニ1店にはなく、スーパー1店でキリンレモンと「無糖」があった。自動販売機を含めた12か所中、キリンレモンがあったのは5か所と半数を下回った。

取扱店は増えているが

キリンホールディングスのコーポレートコミュニケーション部の担当者はJ-CASTトレンドの取材に対し、実は2021年春以降「キリンレモン」と「無糖」の取扱店が増えていると明かした。

一方、キリンレモンの商品認知度はCMの効果などにより上昇しているという。買い求める人の数が増え、店舗に置かれていなかった時に「買えない」と発信する人が出てきているのではと、担当者は推測した。

「お客様にはご不便をおかけしていることになるため、より多くの小売店様にてお取り扱いいただけるよう努めて参ります」

買いたいのに店が見つからない場合は、キリンビバレッジの「お客様相談室」を利用する手もある。キリン公式サイトに電話番号が記載されており、相談を寄せた人の近くにあるキリンレモン取扱店を教えてくれる。ただ、回答には数分の時間を要するほか、売り切れのため店に在庫がないケースもある。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 6/8 19:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます