東証が「DX銘柄2021」を発表 攻めのIT経営銘柄は?

拡大画像を見る

 東京証券取引所(東証)は6月7日、経済産業省と共同で選定した「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2021」を公表した。

 東証の上場企業の中から、企業価値の向上につながるデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するための仕組みを社内に構築し、優れたデジタル活用の実績が表れている企業を、業種区分ごとに選定して紹介している。
 近年、デジタル技術を前提としてビジネスモデルなどを抜本的に変革し、新たな成長・競争力強化につなげていくDXがグローバルな潮流となっていることから、2020年の銘柄より名称を「攻めのIT経営銘柄」から「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」へ変更した。
 今回は、従来の「攻めのIT経営銘柄」の流れを汲んだ7回目の選定となり、清水建設やアサヒグループホールディングス、旭化成、中外製薬など28社が選定。電気機器からは日立製作所とNEC(日本電気)、情報・通信業からはソフトバンク、小売業からはセブン&アイ・ホールディングスと日本瓦斯が選定された。

関連リンク

  • 6/8 19:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます