日韓中オーディション「Girls Planet 999」MCはヨ・ジング!「99人の参加者の夢を応援する」

拡大画像を見る

ドラマ「王になった男」「スタートアップ:夢の扉」「絶対彼氏。」などの人気作品に多数出演する俳優ヨ・ジングが、2021年最も注目のグローバルガールズグループのデビュープロジェクト「Girls Planet 999:少女祭典」で、日韓中99名の参加者とグローバルファンを繋げる番組進行MCに決定。「K-POPという共通の興味から繋がった一つの家族だと思い、99人の参加者の夢を応援する」と語った。

「Girls Planet 999」は、日本でも大人気となったドラマ「愛の不時着」や「スタートアップ:夢の扉」の製作をはじめ、アジア映画初のアカデミー作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』の投資制作・配給、そして「ENHYPEN」が誕生した「I-LAND」や、「IZ*ONE」や「JO1」ら数多くの人気グループを輩出した「PRODUCE」シリーズといった数多くの人気番組を手掛ける韓国のエンターテインメント企業CJ ENMによる新たなオーディションプロジェクト。


本プロジェクトには、応募総数1万3千名の中から日本、韓国、中国の3つの地域で行われたオーディションを通過した各地域33名、合計99名の参加が決定。言語や文化は違えど「グローバルガールズグループデビュー」という同じ夢を抱く99名の、地域を超えた仮想の世界「ガールズプラネット」で繰り広げられる、夢に向けた旅路と成長過程を届ける。

このたび、新たなティザー映像が解禁され、番組のプラネットマスターに、子役から活躍し、映画祭の新人賞や「SBS演技大賞 優秀演技賞」といった数多くの賞を受賞する韓国の人気実力派俳優ヨ・ジングが決定。

プラネットマスターは、番組の進行MCだけでなく、参加者たちの夢を応援するグローバルファン(以下、プラネットガーディアン)と99名の参加者たちを繋げる「ガールズプラネット」の案内者として、様々な活躍を見せる予定という。


ヨ・ジングは、「まず、一人のK-POPファンとして『Girls Planet 999』と一緒にできて嬉しく思い、感謝している。グローバルファンみんなK-POPという共通の興味から繋がった一つの家族だと思い、99人の参加者の夢を応援する。また、個人的には新しい部分をお見せできるチャレンジだと思う。色々準備して努力するので、未熟な部分があっても優しく見守ってほしい」と意気込みのコメントを寄せている。

また、「Girls Planet 999」の演出を務めるキム・シニョンPDは、「俳優ヨ・ジングは長い間夢に向かって揺れることなく走ってきた情熱と努力で今ところまで上ってこれた。なので参加者たちの夢と情熱を十分理解し、応援とアドバイスもしてくれる的確な人物だと思う」とキャスティングの背景を明らかにし、最初から「制作陣とのミーティングすぐ要請するほど慎重さを見せてくれた。その後、長時間ミーティングを通して番組に関する話をしたが、責任感のある姿勢に確信を得た」と感謝のコメントを語っている。

そのほか、参加者たちの憧れであり、メンターである「K-POPマスター」や、実力向上を手伝う各分野の「専門家マスター」など、参加者を支援する様々な「マスター」がいることも発表されている。

各国で様々なオーディション番組が繰り広げられる、群雄割拠の時代、日本、韓国、中国の16億人を巻き込んだ史上初のグローバルガールズグループが誕生する。

「Girls Planet 999:少女祭典」は8月より「ABEMA」にて日韓中同時日本語字幕付き国内独占無料配信。

(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 6/8 18:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます