Apple、iOS 15でFaceTimeを刷新 「背景ぼかし」や「SharePlay」など

拡大画像を見る

 米Appleは現地時間6月7日、オンライン開催の「WWDC 2021」で次期モバイルOS「iOS 15」を発表した。FaceTimeのメジャーアップデート、新機能「集中モード」、Safariや天気アプリの再設計など、大幅なアップデートとなる。今秋、iPhone 6s以降を対象に無料のソフトウェアアップデートとして提供予定。

 iOS 15では、FaceTime通話がさらに自然に感じられ、FaceTimeでも好評のポートレートモードが利用できるようになる。グループFaceTimeの使用中は、新しい「グリッド表示」によって、参加者は多くの顔を同時に確認が可能。さらに、Apple製デバイス以外でもFaceTime通話が可能になり、iPhone/iPad/Macでリンクを作成して、メッセージ、カレンダー、メール、他社製アプリケーションで共有できるようになるため、AndroidデバイスやWindowsデバイスのウェブブラウザから、誰でもFaceTime通話に参加できる。
 この他、FaceTimeでつながりながら体験を共有できる「SharePlay」や、ユーザーが集中し、必要なことに心を向けるのに役立つ、新たな通知の管理方法を導入する。具体的には、これまでの利用状況から通知やアプリケーションを絞り込んだ集中モードを提案し、設定すると、その瞬間に集中できるよう不要な通知やアプリの利用を制限できる。他にも、ユーザーの情報をさらに保護するため、Siriやメール、それ以外を含めたシステム全体での新たなプライバシーコントロールを導入する。
 WWDC 2021では、iOSをベースに分離したiPad向けの「iPadOS 15」、Apple Watch向けの「watchOS 8」、Mac向けOS「macOS Monterey」も発表した。

関連リンク

  • 6/8 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます