職場の衝撃事件簿「経理部長が売上金を持って愛人と蒸発」「拠出金に手を出した同僚。発覚後は新聞沙汰に…」

拡大画像を見る

職場の日常にあってはならない窃盗事件。しかし時として、周囲の目を盗んで悪質な行為を働く輩もいるようだ。香川県の60代男性(パート・アルバイト/年収250万円)は「窃盗はどこでも起こります」と切り出し、

「定年までの勤続45年間で、転勤も何度か繰り返しました。どこに行っても、寮で通帳が盗まれるとか、ロッカーで金が抜かれるとかの騒ぎは普通にありました。しかし会社は世間体を考え、一般社員には隠します。何でロッカー室にミラーがついたのか、一部の人間しか知りませんでした」

という声を寄せている。こうした一方、会社の金銭や物品などをネコババする、横領事件に遭遇した人からの投稿もあった。栃木県の30代男性(エンジニア/年収650万円)が打ち明けるのは、元勤務先で発生した出張費の着服だ。出張が多い営業部署に所属しており、そこの同僚が悪事を働いたという。(文:鹿賀大資)

「幹部たちの判断で刑事事件にはせず、発覚直後に解雇されました」

その元勤務先では宿泊を伴う出張の際、会社がホテル代を負担。会社からその許可を得るには、領収書と立替書類の提出が必須だったという。しかし会社の書類チェックが杜撰だったこともあり、そこに目を付けたのが「同僚の中村さん(仮名)でした」と続ける。

「中村さんはホテルではなく、知人宅に泊まっていました。それにも関わらず書類を捏造し、出張費を申請。残念なことに、それが何年かは受領されていました。なので、とても返せる額ではなかったようです。結局のところ幹部たちの判断で刑事事件にはせず、発覚直後に解雇されました」

男性は元同僚について「今は結婚して子どももいるらしいですが、また悪事を働かないことを切に願います」と書いている。

「かなり大々的に紙面を飾ったようだが、なぜか免職にも逮捕にもならなかった」

神奈川県の40代女性(事務・管理/年収300万円)も、かつての勤務先で発生した着服事件について語る。「温泉街のホテルで働いていた頃、経理部長が売上金を持って愛人と蒸発したことがありました」といい、職場は部長婦人が怒鳴り込みに来るなど騒然としていたという。結局、その部長は空港で逮捕されたそうだ。

東京都の30代男性(事務・管理/年収550万円)は、以前の職場で大胆にも「拠出金に手を出した同僚」について説明する。その同僚は会計担当だったことから、事件は発覚まで時間を要したという。

「長らく私腹を肥やしていたが、発覚後は新聞沙汰に。かなり大々的に紙面を飾ったようだが、なぜか免職にも逮捕にもならなかった」

結局は異動のみで、その後は退職まで務めあげたそうだ。

※キャリコネニュースでは引き続き職場で起きた窃盗事件のほかあなたの職場のサイコパスオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

関連リンク

  • 6/8 17:45
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます