外で酒が飲みたい、女性と会いたい。「我慢ができない」に潜む罠

拡大画像を見る

 コロナ禍による経済活動の自粛や縮小が今なお続いているが、「もうそろそろ我慢の限界」と感じている人は少なくないだろう。

 家でジメジメと一人飲みをするより、外でパーッとハジけたい……そんな「我慢ができない」人もいる。しかしながら、なかには繁華街でトラブルに巻き込まれてしまうケースもあるという。

◆「多少高いのは仕方がない」と割り切って酒を飲む人も

「コロナ禍で飲食店の多くが休業や時短営業をする中、いわゆる“ぼったくり店”は通常通りに営業をしていました。普段なら怪しいキャッチが客引きをしている“ぼった店”ということで、よほど事情に疎い人しか行くことはなかったのですが、他の店が全部休みになり、行く場所がなくなった人々がぼった店に吸い寄せられていました」

 東京都内の繁華街にある飲食店店長・小林文和さん(仮名・20代)が、近隣にあるぼったくり店について明かす。

 もっとも、ぼったくり店もコロナ禍では強引な客引きなどに頼らなくとも人が入るため、普段よりはぼったくる額も低く抑えられていた。客も「多少高いのは仕方がない」と、すすんでぼったくり店の暖簾をくぐるというのだ。

 しかしここに来て、長らく続く時短営業や休業の要請に耐えきれなくなった飲食店が、自治体や行政の要請を無視して営業を再開し始めた。もはや、わざわざそういう店に行く必要もなくなった。

◆女性と飲みたい下心からトラブルに

 だが、転んでもタダで起きないのがぼったくり店だ。

 料金が通常よりも高くとも割り切って飲む人がいる一方、女性と飲みたい、あわよくば……という下心をもった人たちが、ぼったくり店に連れられて酷い目に遭わされるケースもあるという。

「私の店のお客さんで、どうしても外に飲みに行きたくて、一緒に飲んでくれる女性をネットで探したところ、彼女に連れて行かれたのがぼったくり店だったそうです。いくら会計が高額でも、初めて会った女性がいる手前、支払いを拒否できなかったとか」(小林さん)

 コロナで人との接触機会が減り、出会いもないなかでマッチングアプリの利用者が増えているという話もあるが……。そこに罠が潜んでいる可能性もある。

◆「どうしても飲み足りない」に誘われて…

 マッチングアプリで出会った女性と繁華街のスポーツバーに行ったという埼玉県内在住の会社員・幸島祐輝さん(仮名・30代)が、悔しさで顔を紅潮させながらいう。

「マッチングアプリで知り合い、とんとん拍子で会うことが決まりました。お互い、コロナ禍でほとんど家から出られず大変だということで、たまにはこっそり繁華街をぶらついてみようと、彼女が指定してきた場所に向かったんです」(幸島さん、以下同)

 一軒目は、幸島さんが何度か行ったことのあるチェーン系の居酒屋。もちろん酒類の提供はされておらず、店に入る前と出た後、コンビニで購入した缶ビールや缶酎ハイを持って、近くの路上でカンパイもした。

 時刻は夜8時を過ぎ、空いている店もほとんどない。

「欲を出してホテルに誘うか迷っていた時、彼女がどうしても飲み足りないと言い始めまして。男なら脈あり、と思っちゃうじゃないですか。偶然通りかかったところに営業しているスポーツバーがあって、彼女が入りたいと体を寄せてきた。もう入らない理由はないでしょう」

 店内には誰一人客はいなかったが、コロナ禍ということで違和感を覚えることもなかった。しかし席に着いた瞬間、彼女は駆けつけで5杯以上のビールを飲み干し、一気にダウン。酔い潰れて寝てしまったようにも見えた。

「店員さんが“彼女さんですか”と話しかけてくれて。雰囲気の良い店だと、私も何杯かビールやカクテルを頼み、店員にもお酒を奢りました。夜11時ごろになって、さすがに帰らなきゃという時間になっても彼女は起きない」

 そこに先ほどまで幸島さんとフレンドリーに会話をしていた店員がやってきて、お会計を先に……という囁きと共に幸島さんに突きつけられた伝票。金額は、なんと二人で10万円。

「手持ちの現金がなく、とにかく支払わなければと彼女一人を店に残し、近くのコンビニのATMでお金をおろしました」

 そして支払いを終えた瞬間、彼女はムクッと起き上がると、幸島さんに「最低」と吐き捨てるように言い放ち、店から出て行った。

◆「我慢ができない」に潜む罠

「私を一人にしてひどい、怖かったと言われ、申し訳ない気持ちでいっぱいだったんです。ぼったくり店に入るなんてバカだった、彼女にもフラれたと落ち込んでいました。

 しかし、やはりどう考えても腑に落ちないところがあって、その店のことをネットで調べると、ぼったくられたとか美人局にあったとか、ネガティブ情報のオンパレード。彼女が名乗っていた名前について触れる書き込みもあって。ようやく私は騙されていたことに気がつきました」

 つまり、店と女性はグルだった——。

 東京や大阪などで出されている緊急事態宣言は6月20日まで延長され、飲食店でまともにお酒が飲めない状況が続いていく。いつまで我慢すればいいのか、その気持ちはわからなくもないが、「我慢ができない」男性を狙うような輩もいるということだ。

<取材・文/森原ドンタコス>


関連リンク

  • 6/8 15:53
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます