5度離婚のビッグダディ 保育園児ら年子8人抱え離婚当時回想「嫁さんに彼氏が出来て」

拡大画像を見る

 ビッグダディこと林下清志(56)が7日、ブログを更新。離婚を振り返った。

 林下は2014年8月、10歳年下の一般女性と結婚4カ月で離婚しており、5度の離婚を経験している。

 ブログで過去を回想している林下。この日は「借金返済の最中に突然父子家庭生活になったこともありました」と全員年子の小学校の低学年3人、保育園児5人を抱えて離婚した時を振り返った。

 「嫁さんからつきつけられた離婚には、正直に言うとかなり動揺したものです」と当時の心境を述懐。一方で、「『子供が自分だけのものになる、好きなように子育てをしていいのだ』ということに、思わぬ幸運が舞い込んで来たような気になったんですよね」と打ち明け、「そんな男はそりゃ、逃げられますよ(笑)」と反省した。

 「まあ嫁さんには彼氏が出来て、という前提でもありますし」とも明かした。

 母親がいなくなるということが、子供たちにどのように影響するのか心配だったといい、子供たちには「母ちゃん、彼氏が出来たらしいから彼氏と暮らす為に出ていくらしいぞ」と説明。子供たちからは「父ちゃん、母ちゃんの彼氏に会った?どうだった、格好良かった?」と聞かれたことも明かし、「まるで“母ちゃん、やるじゃん”みたいな反応に、ホッとすると同時に救われたような気持ちになったものです」とつづっている。

関連リンク

  • 6/8 15:20
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ゴンザ

    6/8 17:53

    子供は親を選べない、可哀想な子供達

記事の無断転載を禁じます