オリンピックまであとわずか…田中碧が意気込み「改めて自分が出てメダルを取りたい」

拡大画像を見る

 U-24日本代表MF田中碧(川崎フロンターレ)がオンラインでの取材に応じコメントした。

 U-24日本代表は3日にA代表と対戦。異例の兄弟対決はA代表が3-0の貫禄勝ちをおさめた。この試合に出場した田中は改めて「自分が出た後半で差を感じた部分もあるが、一番は前半の強度や質の高さはピッチに立っていないので、わからない部分もあるが、後半より高いものだと感じていた。あれだけの強度で技術のある選手たちがやることは少なくともJリーグで体感できない部分だし、やっていかないと思った。意識なのか、フィジカル、質の差もそうですが、そこを感じた、目指さないといけないと気付かせてくれたことが大きいですね」と振り返り、5日に行われたU-24ガーナ代表戦に「シンプルに1対1で負けない部分によりこだわっていかないといけないと思いますし、キレイに取るだけでなく、力ずくでとる作業を増やしていかなければいけないのかなと思っています」と触れた。

 オリンピックまであとわずか。「僕自身は選ばれると全く思っていない。結果も大事だが、監督が選びたい、使いたいと思える選手が必要だと思う」と冷静に分析する同選手はそれでも「3月、A代表の選手が試合に入ることで、『自分たちが金メダルを取りに行くんだぞ』という気持ちに切り替わりましたし、素晴らしい選手とやれるのは良い経験なので改めて自分が出てメダルを取りたいと思ました」と意気込んだ。

 田中は屈指のMF遠藤航と中盤でコンビを組んだ。クラブレベルでともにプレーした中村憲剛氏や大島僚太、守田英正らにも触れ、自身のレベルアップについて次のようにコメントした。

「(遠藤の凄さは)やっぱり守備の部分。今まで組んできた選手の中でもトップレベルだと思いますし。セカンドの反応だったりプレスのかけ方だったり、準備の質と量、その準備に対する認知力が見ていて速いしなおかつ正確なプレーで表現されているので、隣で見て刺激と言うか、こういうものをやっていかないといけないと思いました。僕自身もいろいろな素晴らしい選手と一緒にやらせてもらえて幸せです。憲剛さん、僚太くん、守田君、航くんもA代表の選手ですし、そういう選手たちの良さを全て吸収した選手になれるチャンスではあると思うので楽しみです。こんな素晴らしい選手の横でプレーできる選手はなかなかいないのと思うので恵まれていると思います」

関連リンク

  • 6/8 12:02
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます