賞味期限30分!茨城の栗職人が作る絶品栗スイーツにマツコの反応は?

拡大画像を見る

6月8日に放送される『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)は、「北関東グルメSP」と題して、群馬県の高崎パスタ、埼玉県のうどん、群馬の餃子、茨城県の栗スーツ、栃木県の唐辛子が大集結する。

同番組は、マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ。

埼玉を日本一のうどん県にする会を設立して、普及活動に勤しんでいるという永谷晶久さんが「埼玉うどんの世界」を語る。23種類ものうどんが 市町村ごとにあるという埼玉県。強いコシと喉ごしが魅力だという伝統の味から、最新流行の味を選りすぐってマツコに紹介する。

高崎パスタを愛し全国に広めたいと思っている高崎市役所勤務の松田和也さん。安い、多い、旨いは当たりまえ! と「高崎パスタの世界」を語る松田さんが、人気店の味を選りすぐってマツコに挑む。絶妙な味のバランスと巻き取りやすいパスタでマツコのフォークが止まらない。

群馬は隠れた餃子王国だと語るのは、「お取り寄せ餃子」を月に10万円も買う夫婦、小野寺力さんといつかさん。お取り寄せのいい所は自宅で焼き加減を調整して楽しめるところ。小野寺さんが厳選した群馬で人気のお取り寄せ餃子がマツコのハートを狙い打つ。

「栗スイーツの世界」の竿代信也さんは、茨城県笠間の栗の旨さに惚れ込んで脱サラ。モンブラン専門店を営み、寝ている以外は栗まみれでスイーツを仕込んでいるというこだわりのスゴイ人物。時間がたつと風味が損なわれるというモンブランの賞味期限は約30分。茨城の栗職人が作る和栗を使った絶品栗スイーツでマツコに迫る。

日本産の唐辛子は栃木県産が旨いと語るラーメン店の店主・一匠さん。栃木ブランドの唐辛子「栃木三鷹」をまぶした唐揚げ定食でマツコを唸らせる。

なお先週の放送は、番組で「カレーパンの世界」や「サンリオキャラクターの世界」などを語ったマニアたちのプライベートに密着した。

関連リンク

  • 6/8 11:45
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます