3歳の娘が役員の頭に…、間違えて海外の会議に参加…あなたが経験した“リモート”事件簿

拡大画像を見る

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。5月11日(火)の放送では、会議テーマ「みんなのリモート事件簿!案件〜こんな事が起こりました〜」と題し、全国のリスナー社員からメッセージを募りました。数多く寄せられたエピソードのなかから、その一部を紹介します。


※写真はイメージです


◆夫のリモート画面の背景に…
夫がリモートワークになったときのこと。我が家には書斎や仕事部屋のような部屋がないため、リモート会議のときは、子ども部屋を締め切って喋っていました。しかし、部屋の壁に子どもの誕生日をお祝いする飾り付けがあったため、仕事モードで真面目に話す夫の背景に“Happy Birthday!”の文字が……それを見つけた会議のメンバー全員から「誕生日おめでとう!」とイジられ、ちょっと笑ってしまいました(東京都 33歳 女性)

◆リモート会議中に訪問営業と契約!?
テレワーク中に後輩と仕事の打ち合わせをしていた際、後輩の家のインターホンが鳴ったため、“ちょっとすみません”と後輩が途中退席。戻ってきたときに「なんだったの?」となんとなく後輩に聞いてみると、「通信業者の新プランの紹介だったのですが、“話を早く終わらせて打ち合わせに戻らなきゃ”と思ったので、契約してきました」と衝撃の言葉が!

生真面目な後輩でしたが、仕事のためにそこまでしなくても……と思った事件でした(笑)。ちなみに後日、ちゃんと契約を取り消したそうです(東京都 27歳 男性)

◆取引先に渡されたIDが…
私が営業職の部署に所属していた頃の話です。当時、取引先とはリモートで打ち合わせをするスタイルを取っていました。その日も、取引先からリモート会議用のIDとパスワードを聞き、時間通りにオンラインルームに入室したのですが、画面上では既に数人の男性が会議を始めている様子、しかも英語で……。少し疑問に思いながらも「こんにちは〜」と呼びかけてみると、一瞬こちらをチラッと見て、また話を続けています。

なんだかマズイ空気を感じながらも、今度は「ハ、ハロー」と勇気を振り絞って呼びかけました。すると、会議をしていた1人が「ていうか、この人誰?(英語だったので、本当に言っているかわかりませんが……)」と爆笑し始めました。状況が読み取れず、滝のような汗をかきながら急いで取引先からのメールを確認すると「すみません、IDが間違っていました。正しくはこちらです」と新しいIDが……。

IDを間違えたことで、私は恐らくまったく知らない海外のリモート会議に参加していたようで、拙い英語で「アイムソーリー」と平謝りをして、その場を去りました。

オンライン会議は場所を選ばずにできる半面、一歩間違えれば海外へも飛ばされてしまうのだなと、教訓になる事件でした(東京都 32歳 男性)

◆役員の画面に娘がきて…
中途採用の面接をZoomでおこなっているのですが、半年前、応募者と役員と私の3人で最終面接をしていたときのことです。

面接の終盤になった頃、「パパ! ただいま!」と大きな声が鳴り響き、役員の画面に3歳ぐらいの女の子が入ってきました。しかし、役員は娘さんのことを無視して淡々と面接を進めます。すると、無視されることが気にくわなかった娘さんが、役員の頭にのったり、手足を首にかけてブラブラしたりと、役員の体で遊び始めました。首が90度に曲がりながらも淡々と面接をする役員……その光景に応募者は笑いが止まらなくなり、一時的に画面をOFFにしていました(笑)。結果的にその方は入社してくれたので、オールOKだと思います(神奈川県 34歳 男性)

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜~木曜17:00~19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/sky/

関連リンク

  • 6/8 11:30
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます