あなたの周りにも?【レッテル男性】へのベストな対処法って?

拡大画像を見る


あなたの周りに「〇〇ってどうせ△△だから」というようなことが口癖になっている男性はいないでしょうか。
そういう人が近くにいると、会話するだけでも疲れてしまうため顔を合わせるのが憂鬱になるという人も多いでしょう。
そんなレッテル男性に対して、どう対応するのが正解なのか解説していきます。


「レッテル男性」とは

「どうせ女は~」や「最近の若い者は~」のように、その人個人を見ず年齢や性別、出身地などで相手のことを決めつける男性のことを「レッテル男性」と言います。
そういう男性は、自分が含まれる「男性」や「年齢」のことは決して悪く言わず、自分以外の周りの人を総称して悪く言うという特徴があります。
何事にも良くも悪くも例外はあるものですが、レッテル男性はそうした例外を認めようとせず、1人でも悪い人がいたら「だから〇〇は~」と批判の対象にします。


反論は無意味

レッテル男性は自分が優位になるために周りにレッテルを貼ります。そんな男性に対して「いやいや、女性にも〇〇な人がいて」のように反論しても無意味です。
「そんなの猫をかぶっているだけ」と決めつけられることもありますし「その人は例外的に良い人だけど、それでも大半の女は~」のように自分が貼ったレッテルを剥がそうとはしません。
レッテル男性にとっては真実はどうでも良く、単に自分が優位に立てればそれで良いのです。


無視が一番有効な対処法

近くで「女は~」や「〇〇出身の奴は~」のように話している人がいて、しかもそれがあなた自身に当てはまる特徴だとイライラしてしまうでしょう。
しかし、あなたがどんなに否定しても、そもそも馬鹿にしている相手からの反論をレッテル男性が受け入れることはありません。
どんなに悔しくても「話して気持ち良くなってるだけだね」という気持ちで無視するのが一番有効な対処法なのです。


何を言っても無駄!レッテル男性からは逃げるが勝ちかも

レッテル男性は周りの人を評価しているつもりになっているだけで、単に自画自賛しているだけの人物です。
そんな相手にまともに対応しても、こちらが疲れてしまうだけでしょう。周りにレッテル男性がいたら、諦めてできるだけ関わらないようにするのがおすすめです。
(土井春香/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/8 10:45
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます