柏木由紀、休養「しばらくお休みを」SNSで報告「手術までお仕事少しだけ」

拡大画像を見る

 AKB48・柏木由紀が8日、一定期間休養することを発表した。グループの公式HPが「先日放送された番組内にて『脊髄空洞症』であることが判明いたしました」とし、「大事をとり早期手術と治療を行うこととなりましたので、一定期間休養させていただくことをご報告申し上げます」と伝えた。6月のグループ公演や、7月のソロコンサートなどは休演及び延期が決定。

 柏木は発表後にインスタグラムに投稿。「先日発表しました『脊髄空洞症』治療のためしばらくお休みをいただくことになりました」と伝え、「手術まで、医師と相談しながら身体に負担のかからないお仕事は少しだけやらせていただきます。SNSもしばらくはなるべく通常通り更新したいと思っています。引き続きどうぞよろしくお願いします」と記した。

 柏木由紀は3日放送のテレビ東京「主治医が見つかる診療所スペシャル」で、脊髄腫瘍の疑いがあるとの医師の診断を受けた。「10万人に1人くらいの極めてまれなケース」で、症状が進行すれば歩けなくなる可能性もあると指摘された。

関連リンク

  • 6/8 10:07
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます