6児の父・谷原章介、立民議員「50歳と14歳」発言に「得も言われぬ不快感」

拡大画像を見る

 俳優の谷原章介が8日、フジテレビ系「めざまし8」で、立憲民主党の本多平直議員が「50歳が14歳との同意性行で捕まるのはおかしい」という趣旨の発言をしたことに、「14歳の娘を持つ親」として「得も言われぬ不快感を感じる」と厳しい表情を浮かべた。

 番組では立民の本多議員が同党の性犯罪刑法改正ワーキングチームの会合で「50歳が14歳との同意性行で捕まるのはおかしい」という趣旨の発言をしたことを受け、福山幹事長が厳重注意し、本多議員も「私の発言は不適切」などと謝罪したことを伝えた。

 このニュースに谷原は「僕自身も、14歳の娘を持つ親として」と切り出し「ちょっとこの発言を聞くと、得も言われぬ不快感を感じる」と厳しい表情を浮かべた。

 本多議員の発言については「(恋愛は)本人のプライベートな問題、それを法律の枠組みで制限するのは行きすぎてはいけないと思うと同時に、経験が少なく子を悪意を持った大人から守るということを同時に議論しないといけない。多面的に会話する中での発言だと思う」とも語ったが、「ぼくの娘が50歳の男性と恋をしたといってきたら、ダメとは言わないが、16、17歳、周りが認めてくれるようになるまで、2人が信頼を得る行動を取って下さいとしか言えない」と困惑の表情を浮かべた。

 この谷原の対応に、国際政治学者の三浦瑠麗氏は「最高の父親のアプローチ」といい「親が真剣に聞いてくれるって、子どもが信じてくれるから。基本は親がしっかり向き合って信頼関係を築くことが家庭では大事」と述べていた。

関連リンク

  • 6/8 10:01
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます