生理用ナプキンの無料化サービス「オイテル」がスタート! ららぽーと富士見の女性トイレ全個室に設置されます

拡大画像を見る

以前Pouchでもご紹介した、生理用ナプキンを無料提供するサービス「オイテル(OiTr)」が、いよいよ本格導入へ!

2021年夏から、埼玉県にある三井ショッピングパーク ららぽーと富士見の女性トイレ全個室に計141台が設置されることになりました。

これを皮切りに、どんどん全国に広まってほしい~!

【どうやって利用するの?】

「Free pad dispenser OiTr(以下、オイテル)」は、商業施設・オフィス・学校・公共施設などに生理用ナプキンを常備&無料で提供するサービス。

使い方はとっても簡単で、まずはトイレ個室内に提示されたQRコードから専用アプリをダウンロード。

アプリをディスペンサーにかざすと、生理用ナプキンが出てきます。

【「生理の貧困」の解決につながるかも】

「オイテル」が生まれた背景にあるのは、

・トイレットペーパーと同様に、無料で生理用ナプキンが常備される世の中にしたい
・経済格差やジェンダーギャップといった不均衡の是正に寄与したい

という思い。

近頃社会問題化している「生理の貧困」ともリンクしていますよね。

【学校にも普及してほしい】

女性にとって生理用品は、トイレットペーパーと同じぐらい必須なもの。

生活になくてはならないものにもかかわらず、様々な理由で手に入れられない人もいます。

だからこそ、こうしたサービスが普及するのはありがたい!

「オイテル」は、今回の三井ショッピングパーク ららぽーと富士見への設置をスタートとして、今後は他施設にも順次導入予定とのこと。

誰でも気軽に出入りできる場所にどんどん設置してほしいし、個人的には、当たり前のようにすべての学校に置かれることを願っています。

※感染症防止対策のため、施設の営業状況に合わせて利用を一部制限する場合があります。
※設置予定施設および設置台数は予告なく変更になる場合があります。

参照元:プレスリリース、OiTr、Instagram @OiTr_japan
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 6/8 6:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます