これはソソる!新木優子、インスタで披露した新ドラマ視聴率UPの秘密兵器

拡大画像を見る

 モデルで女優の新木優子が6月3日、インスタグラムを更新。スタイルの良さと美脚にフォロワーの目は釘付けになった。

 新木は「撮影の帰りに綺麗な紫陽花が咲いている場所があった」と綴り、フランスのファッションブランド「ディオール」のミニスカート姿の写真を投稿。フォロワーらは「脚めちゃ長っ!!綺麗です」「顔小さいスタイル良すぎる」「いい意味でムラッとしました」「鬼かわです」などと褒めちぎった。

 新木といえば、7月4日スタートのドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系)にヒロイン役として出演。同作は俳優の中川大志演じる最高に〝間が悪い〟殺し屋が主人公。新木の役どころは、秘密を抱えるクールビューティーで気が強い女性。中川は新木の暗殺を試みるが、なぜか2人は恋に落ちるというスリリグ・ラブコメディだ。

 かわいいイメージのある新木だが、〝クールビューティーで気が強い女性〟という役柄も新鮮で楽しみ。しかし懸念材料もある。新木は俳優の高良健吾とW主演を務めた2019年のドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系)が大爆死。「モトカレマニア」もラブコメだっただけに「ボクの殺意が恋をした」には不吉な予感がしてならない。

「視聴率が低迷するようであれば、新木が〝ひと肌脱ぐ〟しかありません。インスタのミニスカ姿のように美脚を披露するなどして、肌見せの面積を高める作戦は効果的でしょう。クールで気が強い役を演じる新木が惜しげもなく生足などを見せれば、そそられる男性視聴者も少なくないはず。視聴率のアップにつながるに違いありません」(テレビ誌ライター)

 ドラマではインスタ以上の肌披露に期待したい。

(石田英明)

関連リンク

  • 6/8 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます