失恋でドン底だった自分を救ってくれた女友達のLINE9パターン

意中の男性が失恋して落ち込んでいたら、何とかして励ましてあげたいもの。タイミングよく気の利いたLINEを入れられたら、「おかげで復活できたよ」と感謝され、果ては好意さえ抱いてもらえるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「失恋でドン底だった自分を救ってくれた女友達のLINE」をご紹介します。

【1】「普段と違うけど何かあった?」と気にかけてくれる
「いつも見ていてくれたんだ!と感謝しつつ、女性としてちょっと意識するようになりました」(10代男性)など、日ごろから関心を寄せていることをほのめかし、ドキッとさせるパターンです。その後も「あれから大丈夫?」と気にかけていることを伝え続けて、アピールを重ねていきましょう。

【2】「話なら聞くよ?」と愚痴を受けとめてくれる
「弱っているときだから、安心して愚痴を言える存在が欲しい」(20代男性)など、気兼ねなく弱音を吐き出せそうな雰囲気を作り、男性を引き寄せる手もあります。気になることがあっても意見せず、ただただ黙って愚痴を受け止めてあげたいところです。

【3】「相談があるんでしょ?」と先読みしてくれる
「何で分かったの!と超頼もしく思えた」(10代男性)というように、すでにある程度親しい間柄であれば、先回りして気遣いのLINEを送るのもよさそうです。悩みを聞いてあげるのは当然ですが、一気に踏み込みすぎても拒絶される可能性があるので、距離感を考えましょう。

【4】「落ち込むのはらしくないよ!」と勇気づけてくれる
「ドンヨリして周りに心配されてたから、『らしくない』と言われて元気が出た」(20代男性)というように、力強く背中をバシッと叩くようなLINEを送るのもいいでしょう。そのあとは普段通りに接してあげると、早くいつもの元気を取り戻してもらえそうです。

【5】「私はいつでも空いてるから!」と誘いやすくしてくれる
「引きこもろうかと思ってたときに見て、気力が湧いた」(10代男性)というように、いつでも予定を合わせてくれる存在がいることをイメージさせるのもよさそうです。傷心モードを上手に突けば、気持ちをグラつかせられるかもしれません。

【6】「たまには二人でどっか行く?」とデートを意識させてくれる
「どこで何しようかと想像してたら、気分がちょっと前向きになった」(20代男性)というように、デートを暗示する話題を振って、「次の恋愛」を意識させるのもよさそうです。あまりしつこくしすぎてもいけませんが、男性が乗ってくるようなら、さっさと約束を取り付けてしまいましょう。

【7】「私も最近ヘコんでたの!」と失敗談を語ってくれる
「仲間だなと思えるだけで元気が出る」(10代男性)など、似たような経験を打ち明けることで、連帯意識が芽生える場合もあります。ただし、ヘビー過ぎる話題だと場の空気が微妙になってしまうので、ネタは慎重に選んだほうがよさそうです。

【8】「飲みに行こうよ!」と元気づけてくれる
「一緒に飲んでテンションが上がったら、失恋も忘れられた」(20代男性)というように、アルコールによる気分転換で元気になってもらう方法もあります。「気晴らしになったから、今度は何でもおごるよ!」と、思わぬリターンが期待できるかもしれません。

【9】「頑張ったからもういいじゃない」と現状を前向きに受け止めてくれる
「失恋をあれこれ言うのではなく、受け止めてくれるやさしさにホロリ」(20代男性)など、いろいろ聞きだすよりも、ただ受け止めてあげることが心に響くこともあります。やさしくなぐさめるようなスタンプを添えるのもいいでしょう。

相手が弱っているときは、言い方が悪いですが、心の隙に入り込むチャンスです。いいなと思っている人がダメージに打ちひしがれていると知ったら、上手に近づいていきましょう。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/8 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます