「どうして知ってるの…?」女を恐怖のどん底に陥れた、上司からのメッセージ

東京の平凡な女は、夢見ている。

誰かが、自分の隠された才能を見抜き、抜擢してくれる。

誰かが、自分の価値に気がついて、贅沢をさせてくれる。

でも考えてみよう。

どうして男は、あえて「彼女」を選んだのだろう?

やがて男の闇に、女の人生はじわじわと侵食されていく。

欲にまみれた男の闇に、ご用心。

◆これまでのあらすじ

ほかの社員に罪悪感を抱きながら、密偵業務を繰り返す秋帆。そのストレスを買い物で発散するが、社内ではどんどん孤立していく…。

▶前回:「嫌なこと、全部忘れられる…」密偵の罪悪感に苛まれた女の、危険な現実逃避


オフィスに到着した秋帆は、無言のままひっそりと自分のデスクに向かった。

出社の時、「おはようございます」という挨拶をしなくなってから何日経つだろうか。

「皆、あなたのことを疑ってる」

先日辞めたフリーのデザイナーの言葉通り。いまや、社員全員に、秋帆が黒川への“報告業務”をしていることが知れ渡っている。

下手な告げ口をされたくないからだろう。皆、丁寧に対応してくれるが、よそよそしく、様子を窺っている感じがする。

「うっ…」

席に着いた秋帆は、周りの社員たちの視線が、自分に向けられていることに気づく。

自分の一挙一動が監視されているような息苦しい毎日に、疲れ切っていた。

「おはよう。出かけるよ」

「はい」

こんな状況であるため、話す相手は必然的に黒川だけになる。だが、黒川と話せば話すほど、周囲から孤立する。

どんどん負のループに陥っているのだ。

黒川は、相変わらずだ。何かと理由をつけて、プレゼントを贈ってくるし、秋帆に業務を依頼してくる。

「ゴホ…」

まただ。精神的に強いストレスを感じた瞬間、発作的に息苦しくなり、咳が出ることが増えている。秋帆は、給湯室へと駆け込んだ。

この気持ちを誰かに打ち明けたいと思った秋帆は…?

予想外の反応


「今度はどうしたのよ。っていうか、相変わらず良いもの着てるのね…」

ひかりは、秋帆の姿を見るなり苦々しい表情で呟いた。

仕事終わり。秋帆は再びひかりに会ってほしいと頼んでいた。

ここ最近の状況を誰かに聞いてほしい。脱するために、どうにかしたい。そう考えた時、相談相手はひかりしかいないと思ったのだ。

実は数日前。

― お母さんに相談してみようかな…。

部屋にひとりでいるのもしんどくなった秋帆は、久しぶりに母親に電話をかけた。

泣き言を聞いてもらいたかったのだが、母の反応は予想外のものだった。

「東京で素敵な生活を送れるなんて、すごいじゃない」

「落ち着いたら、遊びに行かせてちょうだいね」

呑気なことばかり言っていて、状況を理解してくれそうになかった。これ以上説明するのも憚られたので、ひかりは「頑張るね」と言って電話を切ったのだった。

その点、ひかりは黒川のことを訝しんでいたし、前の秘書の一件も知っている。

秋帆は、おそるおそる今の状況を説明した。

黒川は、自分にとって都合の悪い人物を“整理”していること。悪い芽を摘むため、秋帆に社員のヒアリングをさせて、報告させていること。それによって、自分が社内で孤立しつつあること。

それでも、仕事や今の生活を失うことは怖いから、どうしたら良いか分からないと。

一気に話すと、ゼェゼェと呼吸が荒くなって、苦しくなった。

「ちょっと、大丈夫?」

ひかりはすぐに、水を差し出した。そして秋帆が落ち着くのを待って、こう切り出した。

「でも、この生活はすぐに手放したくない。だから、やめられないんでしょ」

ひかりの言葉に、秋帆はゆっくり頷いた。それが、正直な気持ちだった。

自分が、今社内でやっていることはよくないことだと分かっている。

だが、破格の給料や高級マンションでの生活は、黒川の下で働いていなければ得られないもの。会社を辞めれば、月給20万以下のOLに戻るのが目に見えている。

贅沢を味わってしまった今、生活のレベルを下げることはそう簡単ではなかった。

日に日に増す罪悪感と欲望のあいだで、秋帆は葛藤していた。

ひかりの大きなため息が聞こえる。

― 厳しいことを言われるだろう。

秋帆は俯いたまま、断罪の時を待った。いっそそれを待っていた。だが、彼女の口から出たのは予想外の言葉だった。

「いいんじゃない、別に」


「え?」

秋帆は驚いた。

ひかりには、怒られるかもしくは呆れられるかのどちらかだろうと思っていた。少なくとも彼女を落胆させることにはなるだろうと思っていた。

「割り切って、甘い汁吸えばいいじゃない」

そう言うとひかりは、ゆっくりコーヒーをすすって続けた。

「ワンマン社長なんて、大企業にだって沢山いるわよ。気に入らなければ、幹部を左遷。そんなこと日常茶飯事。

倍返し!で有名なあのドラマだって、現実だったら左遷されて終わるだけ。そう思わない?」

「そうなのかな…」

秋帆がうまく反応できずにいると、ひかりがさらに続けた。

「それにさ。普通、会社員として働いていれば、どんなに頑張って成果出したとしても、大して昇給もしないのよ。

その点、秋帆は報われてるんだからマシな方よ。いいじゃない。嫌な仕事を引き受ける報酬として、良い給料と贅沢な生活をもらってるって割り切れば。

ウジウジしてないで、どんと構えてなさいよ」

「う、うん…」

ひかりの言うことももっともかもしれない。後ろめたさを感じるのではなく、もっと鈍感になれば良いということだろう。

だが、秋帆は完全に同意することもできなかった。

「割り切って甘い汁を吸わせてもらおう」という気持ちに、どうしてもなれなかったのだ。そう割り切れたら、どれだけ楽だろうか。

せっかく会ってくれてひかりが元気づけてくれたというのに、秋帆の中のモヤモヤした気持ちは晴れない。

そのときだった。業務用のスマホが振動したのは。

秋帆が凍りついたメッセージ。その内容とは…?

“業務用”の罠


“どうして急に在宅勤務にした?報告がない”

それは、黒川からのメッセージだった。秋帆の心臓は、大きく音を立てる。

今日黒川は、ひとりで出張に出かけている。秋帆は、居心地の悪いオフィスに出勤しなくて良いチャンスだと、こっそり在宅勤務に切り替えたのだ。

黒川は、自分が不在の日こそ秋帆を出勤させたがった。おそらく、気の緩んだ社員が本音を漏らしたり、愚痴を言い合ったりすると踏んでいるのだろう。

これまでは命令に従っていた秋帆だが、今日はどうしてもその気になれなかったのだ。

― どうして在宅勤務って、知っているの…?

秋帆の中に動揺が広がる。オフィスにいる誰かに確認したのだろうか。それとも、まさか。

嫌な予感がよぎったのと同時、ひかりが代弁するかのようにこう言った。

「監視されてるんじゃない?」

ひかりは、対面から画面を覗いている。

「ごめんね。マナー違反だとは思ったんだけど、あんまりにも驚いてるみたいだったから。

なんで在宅勤務を知ってるのか、今、秋帆もそう思ったんじゃない?」

監視。その言葉を聞いて、秋帆の脳裏にあることが思い出された。

出勤初日。

黒川はなぜか、秋帆がマンションからオフィスまで走って来たことを知っていた。そして猛ダッシュの結果、2分で到着したことも。

そのときは、何かの偶然だろうと都合よく解釈していたのだが…。


「で、でもそんなのって …」

違法じゃないのか。そう反論しようとする秋帆を、ひかりは手で制した。

「別に監視すること自体は、違法でもなんでもないわよ。

あくまで、“業務用”に貸与してるんだから。会社によっては、在宅勤務中、きちんとパソコンに向かってるか、内蔵カメラで写真を撮られる企業もあるって話」

まさか、と秋帆は、寮として充てがわれた自分の部屋を思い出して青ざめた。

「黒川だって馬鹿じゃない。法に触れない、ギリギリのところでやってるんでしょう。どういうトラップがあるのか、私には分からないけど。

秋帆が訴えたところで、上手く逃げ切るでしょ」

ひかりの言葉に、秋帆は震えが止まらなくなった。

“業務用”

その目的で、黒川からはマンションもスマホも洋服もすべて与えられているのだ。

― じゃあ、このスマホも…。

まじまじとスマホを眺めていると、ひかりが秋帆の手からスマホを奪い取り、テーブルの端に押しやった。

「ねえ。秋帆は、本当に割り切って働くことができるの?

さっき、甘い汁を吸えばいいって言ったけど、秋帆にそれができる?」

図星だった。割り切れないからこそ、葛藤しているのだから。

「じゃあ、私どうしたら…」

また呼吸が苦しくなった。ゼェゼェと大きな音をさせながら咳き込むと、ひかりがなだめるように言った。

「あなた、ボロボロじゃない。まずは物理的に離れて。それで、冷静になって考えてみるのよ」

そして彼女は、秋帆の業務用スマホの電源を強制的に切った。


▶前回:「嫌なこと、全部忘れられる…」密偵の罪悪感に苛まれた女の、危険な現実逃避

▶︎Next:6月15日 火曜更新予定
どこまでも追ってくる黒川。秋帆が出た行動とは…?

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/8 5:04
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます