付き合ってないのに…!男性が「怖い」と感じる【重すぎLINE】4つ

LINEは、意中の彼とも気軽にコミュニケーションが取れる、恋に有効なツールですよね。
ですが、使い方を誤ると、距離を縮めるどころかドン引きされてしまうかも……。

今回は、男性を恐怖に陥れる【重すぎLINE】の一例をご紹介いたします。

(1)質問攻めをしてくる


彼とLINEのラリーを続けたくて、メッセージは質問で締め括るという女性も多いでしょう。
質問があることで、彼に返答をしなきゃと思わせるテクニックです。

とはいえ、使いすぎると質問攻めをされている気分になり、彼はうんざりしてくるかも。
質問したことに彼が返事をしてくれたら、その話題を膨らませるような会話を心が蹴てみましょう。

(2)長文の連投


男性から「怖い!」という声がもっとも多かったのは、LINEで長文を送ること。
しかも、長文が連投で届くと、読むのも億劫になります。

長文を送るのではなく電話をかける方が、彼をときめかせられるのでオススメです。
スクロールしないと読みきれない膨大メッセージになるなら、いっそ「聞いてほしいことがあって……」とデートのお誘いに繋げてみましょう。

(3)ハートの多用


ハートマークは簡単に好意を示せて、可愛らしさをアピールすることもできます。
だからといって使用しすぎると、なんだか暑苦しい文面になってしまうかも。

ハートマークは時々使うくらいの方が、彼の印象に残りやすいですよ。
ここぞという場面で文末に入れたり、スタンプで使うことをオススメします。

(4)行動を把握しようとしてくる


「何してるの?」「誰といるの?」と、彼の現状を聞きすぎるのもNG。
行動を把握されているのではと、恐怖を感じる男性もいます。

「彼女でもないのに束縛してくるなんてゾッとする」という声も。
そのつもりがなくても、相手に不快感を与えてしまうかもしれないので注意しましょう。


男性が「怖い」と感じたLINEについて、ご紹介いたしました。
何気なくやっている女性も多いので、一度彼とのやり取りを見返した方がいいかもしれません。

もしすでに上記のようなLINEを送っていたら、今後は控えることでイメージの挽回をしていきましょう!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/7 20:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます