NHK朝ドラ『おかえりモネ』キンプリ永瀬廉と”りょーちん”奇跡シンクロ!「声と人柄」素の魅力

拡大画像を見る

NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合ほか)の第3週は、百音(清原果耶/19)が祖母の初盆で帰省することで同級生に再会する。変わらない友情の素晴らしさや美しい海の風景に癒されながらも、東日本大震災による忘れられないつらい思い出がふとした瞬間に蘇るつらさがひしひしと伝わってきた。

 東日本大震災で、誰もが傷を負い言葉にならない苦しい思いみを抱えている中で、及川亮・愛称りょーちん(永瀬廉/22)の穏やかな人柄や優しい気持ちはその場のすべてを包みこむような温かさがある。そして、りょーちんを演じる永瀬の少し高くて柔らかな声と話し方は、視聴者の心も魅了する魔法を持っているかのように感じられた。

■自然体で爽やかなりょーちんは永瀬本人に通じる

 りょーちんの色気やモテ要素は、真っすぐな感性と素直さからくるものなのがよく分かる。百音が未知(蒔田彩珠/18)と祖母の一周忌の法要を自宅で行う準備をしていたところに、一升瓶を片手に同級生と歩いてくるりょーちんに、飾らない人柄が見えた。赤色のTシャツに短パンで素足にサンダル、洗いざらしの茶髪でふらりと歩いてくるところも、差し入れの一升瓶も箱や紙に入れたりせず瓶の首を掴んでそのまま持ってくるのも、男らしくていい。りょーちんを演じる永瀬は左利きなのだが、瓶を持つのも左だし、重たい一升瓶を軽々持ち歩くのが妙にリアルだった。

 そして、いつも、誰に対しても優しいのだ。スピードを出した車に気付いて未知の腕をそっと引き寄せてあげたり、迎え火で片足を上げている未知がフラつかないよう腰の後ろに手を当ててあげたり。こういうさり気ない優しさに女は弱い。また、年イチで告白していた同級生の明日美(恒松祐里/22)が化粧していることに「なんか会ったときドキッとしたわ」と本人の前でサラリと言ってしまう。どうせドキッとなんてしてないでしょと思うけれど、言われた方はたまったものじゃない。まったく無意識にもほどがある。

 りょーちんの自然体で爽やかな人柄は、素の永瀬がそこにいるからだろう。そして、これまでの出演作品では見たことのない、優しい顔や哀愁を漂わせているのは新しい発見だ。本格的なドラマ出演となった『俺のスカート、どこ行った?』(2019年/日本テレビ系)では、クラスのリーダー的存在の明智秀一として、女装家である担任の先生を学園から追放しようとするやっかいで冷めた高校生を演じた。家庭環境に問題を抱えているゆえ歪んだ態度を取っているのだが、人を見下し冷たく笑うのが印象的だった。また、『FLY!BOY!FLY!僕たち、CAはじめました』(2019年/カンテレ・フジテレビ系)では、キャビンアテンダントを目指す男子訓練生の朝川千空役で、同じ男性クルーと訓練をする中で友情を深め仕事の厳しさや楽しさを覚えて成長していく姿をみずみずしく演じていた。明智は陰のある男だったし、朝川は爽やかで優しい気持を持った男だったが、そのどちらでもないりょーちんの色気や含みのある優しい声やしぐさは、りょーちんを通して永瀬が持つ魅力そのものだ。背の高いりょーちんが、伏し目がちに話す時の哀愁にじんわりくるのを噛みしめたい。

■心優しいりょーちんが抱えるもの

 りょーちんが優しいのは幼少時からの特徴だと思うが、哀愁については震災が大きくかかわっている。百音の祖父・龍己(藤竜也/79)に「まあ、俺、漁師以外選択肢ないんで」と話す表情には、明るくも哀愁があった。それを聞いた龍己にも理解と含みがあって、誰かにお酒を勧められて断るりょーちんを「まだナインティーンだよぉ」と守るように制してくれた言葉には優しさが溢れていた。その含みが何なのかは、百音の母・亜哉子(鈴木京香/53)が電話をするシーンで一気に押し寄せてきた。昔懐かしのテレフォンリストから『及川美波』さんの携帯番号を探して電話をすると、りょーちんの父・新次(浅野忠信/47)が出たこと。

 その新次の携帯は、これまた懐かしの二つ折りのガラケーだったこと。背景には仮設住宅が立ち並び、カップ酒を片手にふらついているのを見れば察するに余りある。人物紹介によると、新次はかつてカリスマ的漁師で、百音の父・耕治(内野聖陽/52)の親友。百音が生まれる時に嵐の中でも船を出してくれた恩人だが、震災で自分の船と大切な人を失ってから立ち直れずにいるという。それでも父親にも寄り添い、漁師になることを選び、誰を責めることなく慎ましく生きているりょーちんを思うと切なくて涙が出てくる。そんなりょーちんが百音に「海風、回ってきたなぁ」と言って天気を予測し、漁師が風向きと天気が必須であることを伝える表情は晴れやかで、爽やかすぎた。百音を助けてあげるかのように『海風』をさりげなく教えているのがとてもいいし、これからもきっといい関係が続くのだろう。今後も楽しみだ。
(文・青石 爽)

『おかえりモネ』は宮城県の海と山を舞台に気象予報士を目指すヒロインを描いたしたオリジナル脚本。永浦百音(清原果耶/19)は気仙沼の自然豊かな島で育ち、高校卒業後は家族から離れて登米市の森林組合で仕事をしている。百音の祖父の知り合いで、森林組合に山の運営を任せている新田サヤカ(夏木マリ/69)の家に下宿し、山や森のことを知っていく中で自分の将来を模索していた。ある日、気象予報士の朝岡覚(西島秀俊/50)に出会い、天気予報は誰かのために役に立つと感銘を受け気象予報士に興味を持つようになる。百音の妹・未知(蒔田彩珠/18)は将来養殖の研究者に、同級生の及川亮(永瀬廉/22)は漁師、野々村明日美(恒松祐里/22)と後藤三生(前田航基/22)は仙台の大学生、森林組合に併設された診療所に東京の大学病院から来る菅波光太朗(坂口健太郎/29)の生き方をある意味うらやましく思っていたが、海と山と空が繋がっていることを実感して天気予報という希望を見つける。森林組合で仕事をしながら勉強をするようになり、資格を取得してからは東京の気象予報会社に就職。気象予報士としてさまざまな経験を積み重ね成長し、故郷のために自分の知識と技術を生かしたいと帰郷し、地域や住む人々に貢献する物語である。

関連リンク

  • 6/7 6:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます