勇気が出ない...「お酒の力」を借りて告白するのはアリ?ナシ?

拡大画像を見る


お酒の力を借りて告白するのは、ありなしどちらなのでしょうか。
好きな人に告白しよう!と決めたものの、なかなか勇気が出なかったり、タイミングが掴めず時間ばかりが過ぎてしまう......なんてこともありますよね。
勇気を出すため、素直になるため、そして積極的になるための強い味方となってくれるのが、お酒でしょう。
ここでは、お酒の力を借りて告白することについてお話していきます。
結論を言ってしまうと、お酒の力を借りて告白するのはありですが、その後のフォローが必要不可欠となります。


お酒の力を借りて告白すると本気にされない可能性あり

お酒の力を借りて告白するのも、ダメというわけではありません。
しかしながら、お酒を飲んでからの告白は相手に本気だと思ってもらえないこともあります。
お酒を飲むと、いつもよりも開放的になったり積極的になれる、という人は多いでしょう。
そういう勢い任せで告白をしても、真剣な雰囲気は伝わりにくいですよね。
そのため、あなたは本気で告白をしていたにも関わらず、好きな人には適当に流されてしまうことも......。
お酒の力を借りて告白するのはありですが、こういうことになる可能性があることも頭に入れておかなくてはなりません。


お酒の力を借りて告白したらその後フォローを

お酒の力を借りて告白したら、必ずその後フォローをしましょう。
先ほども述べたように、お酒の力を借りての告白は相手に本気だと思ってもらえない可能性があるからです。
せっかくお酒の力を借りて勇気を出せたのに、好きな人に本気が伝わっていなければ意味がありません。
だからこそ、その後お酒が入っていないときに改めて告白をしましょう。
「昨日の話だけど…...」とLINEで切り出してもいいですし、何事もなかったかのように食事などに誘ってもいいですね。
2回目の告白のポイントは、あなたの本気さを伝えること。
一度気持ちを伝えているのですから、次はお酒の力を借りなくても自分の気持ちを伝えることができるはずです。
勇気が出ないのは、最初だけですからね。
理想は2人で会っているときに直接伝えることですが、伝え方はLINEでも大丈夫。
大切なのは、「この間の告白はお酒の勢いではなくて本気」だという気持ちを伝えることです。


まとめ

お酒の力を借りて告白するのはありなしどちらなのか?について、お話しました。
勇気を出すためにお酒の力を借りるのも、決して悪いことではありません。
しかしながら、その際は必ず本気さを伝えるためのフォローをするようにしてください。
せっかくの告白を無駄にしないためにも、頑張ってくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/7 22:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます