「伊藤健太郎は7億9000万円!」高額賠償金芸能人たちを実名で振り返る

拡大画像を見る

 2020年10月に道路交通法違反などの疑いで逮捕され、不起訴となった俳優の伊藤健太郎(23)。その後伊藤は『週刊新潮』(新潮社)や、『新・情報7Daysニュースキャスター』(TBS系)のインタビューに答え、現在の心境などを赤裸々に告白した。

※動画は「taishu.jp」で

 この伊藤の例を含めた「芸能人と賠償金」の問題について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、伊藤が背負っていると言われる「驚きの賠償金額とその内訳」について、また賠償案件が生じた際の「事務所とタレントの関係性」について、さらにピエール瀧(54)や矢口真里(38)といったその他の「賠償金タレント」についても話はおよび、白熱のトークが展開された。

 出演は、ソーシャルタレントプロデューサーの加藤朱梨さん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/PhNxGy7a0po

関連リンク

  • 6/7 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます