五輪中止の場合はどうなる? 7月・8月の祝日に関する注意点

拡大画像を見る

 新型コロナウイルスの感染拡大になかなか歯止めがかからない状況が続いているが、東京五輪開催に向けた動きは着々と進んでいる。このまま開催される可能性は高いが、万が一、中止された場合は“五輪仕様”で組まれている今年の祝日はどうなるのだろうか。

 結論からいうと、もし五輪が中止された場合でも、現在の祝日に変更はない。つまり、通常は7月19日になるはずの「海の日」は7月22日に、10月11日になるはずの「スポーツの日」は7月23日に、8月11日になるはずの「山の日」は8月8日に、8月9日は8月8日の振り替え休日になる。
 これは昨年11月末に可決された特別措置法改正案によるもので、もし祝日を再度変更する場合は、法案そのものを改正しなくてはならないからだ。カレンダー通りに考えていれば問題ないのだが、2020年の五輪中止時も勘違いして祝日に出勤したり、サービスのシステムエラーが起こったりということが発生していた。もし周りで勘違いしていそうな人がいれば、さりげなく教えてあげるのがよいかもしれない。

関連リンク

  • 6/7 19:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • グレイス

    6/8 16:03

    ↓ありがとうございます。よく記事読んだら昨年11月末に決まったことって…。市販のカレンダー、間に合ってないわ~。そもそも3ヶ月も移動させる意図が分からない。即位の日みたく今回限りの祝日でいいじゃん? 今更だけど。

  • ↓本来は去年だけ10月から7月に移動する予定だったのが、コロナの影響で五輪が今年になったから、今年も10月から7月に移動することになっただけですよ。尤も、名前は来年以降も、「スポーツの日」というなんかショボい名前のままですけど┐(´д`)┌

  • グレイス

    6/8 13:33

    体育をスポーツに変更はともかく10月のを無くして7月に移すのが訳分からない。1964年の東京オリンピックの記念日でもあるから変えないでほしい。10月の祝日無くなるし。来年には戻されるならいいけど。   

記事の無断転載を禁じます