くるり・岸田と「世界の盗塁王」福本豊氏が異色対談 10日ABCラジオ「よなよな」

拡大画像を見る

 京都のロックバンド、くるりのボーカル・岸田繁と元プロ野球・阪急の“世界の盗塁王”福本豊氏の異色対談が10日放送のABCラジオ「よなよな…なにわ筋カルチャーBOYZ」(後10・00)で実現した。

 4月28日にリリースされた、くるりのニューアルバム「天才の愛」に収録された楽曲「野球」で「走れ 走れ 福本」と歌われたことがきっかけだった。5月1日のABCラジオの野球生中継で、前番組のパーソナリティーが福本氏に「くるりの楽曲『野球』の歌詞に福本さんのお名前が出てますよ!」と報告。その場で楽曲を聞き、感想を話したことを知った岸田がツイッターで「感涙」と大喜び。

 その後、福本氏もくるりの「野球」について、楽曲のリリース日に知人から「すごい曲が出たらしい」と教えてもらっていたことを自身のインスタグラムで明かした。今回のリモート対談では、改めて福本氏が楽曲の感想を伝えたほか、岸田も楽曲制作秘話などを語った。

 岸田が少年時代に熱中していた、阪急ブレーブスを始めとする1980年代のプロ野球のことについても話題になった。福本氏は対談後、「コロナが落ち着いたら甲子園でゆっくり話をしたい」と振り返った。

関連リンク

  • 6/7 18:03
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます