白鵬・ライブ相撲マンガ、課された毎食ノルマの「驚愕ボリューム」メニュー!

拡大画像を見る

 2001年三月場所の新弟子検査に向けて、ダヴァ少年(少年時代の白鵬・15歳)に下ったノルマは「吐くまで食べろ!」。

 ダヴァの細い体を見た宮城野親方は、即断する。三月場所での新弟子検査の基準は身長173センチ以上で、体重は75キロ以上。ダヴァは身長こそ176センチと基準をクリアしていたが、体重は62キロ。なんと13キロ足りなかった。しかし、「この子に稽古をさせると、この子の体重は50キロ台に落ちる!」─そう判断した親方は、「ダヴァにはいっさい稽古をさせるな」「させなくていいからその代わり死ぬほど食わせろ!」との指示を出したのだ。

 宮城野親方は、自身が入門時に体が細く、イヤというほど辛い経験をしており、「細い子がどうすれば体重を増やすことができるか」を知り尽くしていた。そして“食うことが稽古”という日々が始まった。宮城野親方からダヴァに下った毎食のノルマは、想像を絶するボリュームだった!その空前のメニューとはいったい!?

 ライブ相撲マンガ「白鵬本紀」第6番「稽古はちゃんこ」は、6月8日発売の「週刊アサヒ芸能」6月17日号に掲載。はたして、三月場所までに、少年ダヴァは、体重13キロ増をクリアできるのか?はっけよい!!

関連リンク

  • 6/7 17:00
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます