宮根誠司アナ 五輪を開催しているときに自粛している人たちはどう思うのか

拡大画像を見る

 宮根誠司アナウンサーが7日、読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、政府のコロナ分科会尾身茂会長の発言を引き合いに、「オリンピックをやっているときに自粛している人たちはどう思うのか」と憂慮した。

 番組は、東京五輪・パラリンピック大会の日程が迫り、事態を憂慮する尾身会長の発言を紹介。尾身会長は「東京大会を契機に日本中の人が動く。これをどう抑えていくかが大事」「選手と運営に関係ない人がお祭り騒ぎしてると自粛している人はどう思うか」などと専門家として危険性を指摘している。

 宮根アナは「尾身会長がおっしゃっているようにオリンピックをやっているときに自粛している人達はどう思うのか」と問題提起。「医療従事者の方はオリンピックどころじゃないわけですよね。毎日、重症の患者さんを診てらっしゃる。生死の境をさまよっている方と闘っていらっしゃる。それから飲食店はじめ、梅沢さんたちエンターテインメントの業界の方もまともにお商売できていない状況」とリモート出演した俳優の梅沢富美男の状況にも触れた。

 さらに宮根アナは「じゃあオリンピックの間、オリンピックの期間中、自粛してくれだ、休業要請だ、時短してくれだとなったときに…これ、どう思われるんだろう」と五輪を開催する一方で国民に自粛を要請するのであれば、要請された側は受け入れるのかを危惧した。

関連リンク

  • 6/7 16:04
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます