C.ブラウン厩舎にまたしても芝の大物誕生

拡大画像を見る

 アメリカで、芝のチャンピオンにして年度代表馬の座まで上り詰めた後、昨年から日本で供用されているブリックスアンドモルタルを送り出したチャド・ブラウン厩舎に、またしても芝の大物が出現した。5日にニューヨーク州のベルモントパークで行われたG1マンハッタンS(芝10F)を快勝した、ドメスティックスペンディング(セン4、父キングマン)が、その馬だ。

 G1BCフィリー&メアターフ(芝10F)勝ち馬クイーンズトラストの従兄弟にあたり、タタソールズ10月1歳市場にて30万ギニー(当時のレートで約4811万円)で購買されたのがドメスティックスペンディングだ。

 3歳2月にデビューすると、いきなり2連勝。重賞初挑戦となったサラトガのG2ホールオヴフェイムS(芝9F)こそ3着に敗れたものの、続くサラトガダービー(芝9.5F)を制して特別初制覇。さらにデルマーのG1ハリウッドダービー(芝9F)も勝ってG1で重賞初制覇を達成し、3歳シーズンを終えている

 5か月の休養を挟み、今季初戦となったのが5月1日にチャーチルダウンズで行われたG1ターフクラシックS(芝9F)で、同馬はここも白星で通過、5日のG1マンハッタンSも勝ってG1・3連勝を達成するとともに、通算成績を7戦6勝としている。

 次走は、8月14日にアーリントンで行われるG1ミスターディーS(旧アーリントンミリオン、芝10F)の予定。ブラウン調教師は、ドメスティックスペンディングがここも勝てば、その後はブリックスアンドモルタル同様に、G1BCターフで12Fの距離に挑む構想を掲げている。

(文:合田直弘)

関連リンク

  • 6/7 11:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます