【函館スプリントS見どころ】カレンモエの親子制覇なるか

拡大画像を見る

 今年は札幌での開催となる一戦。カレンモエに注目したい。2走連続2着の惜敗続きにピリオドを打ち、母カレンチャンとの親子制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/13(日) 函館スプリントS(3歳上・GIII・札幌芝1200m)

 カレンモエ(牝5、栗東・安田隆行厩舎)は京阪杯でクビ差2着、オーシャンSでハナ差2着とオープン入り後も高いレベルで安定している。本レースは母カレンチャンが10年前に制したレース。重賞3度目の正直で勝ち切って、親子制覇といきたいところだ。鞍上は4走ぶりの鮫島克駿騎手。

 コントラチェック(牝5、美浦・藤沢和雄厩舎)はスプリントに矛先を変えてから2走は苦戦していたが、前走のオーシャンSで変わり身を見せてV。重賞3勝目を飾った。ここに入れば実績は上位で、札幌替わりにも特に不安はない。引き続き勝ち負けを期待できるだろう。鞍上は丸山元気騎手。

 その他、今年のフィリーズレビュー覇者シゲルピンクルビー(牝3、栗東・渡辺薫彦厩舎)、オーシャンS・3着以来となるビアンフェ(セ4、栗東・中竹和也厩舎)、阪急杯で2着のミッキーブリランテ(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)、ドバイ帰りで芝挑戦は2年ぶりのジャスティン(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。

関連リンク

  • 6/7 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます