「その手があったか」 保育園で泣き出した娘に? 保育士の『神対応』がこちらです

拡大画像を見る

一度ぐずってしまうと、子供の機嫌をすぐに直すのは至難の業です。

2歳の娘さんを育てる、漫画家の一色美穂(@isshikimiho)さんも、保育園で娘さんがぐずってしまい、困ってしまったといいます。

自宅を出る際に、傘を持ちたがった娘さん。しかし晴れていたため傘を家へ置いていくと、娘さんは泣き出してしまいます。

泣きじゃくる娘さんを抱いて保育園へ向かうと、それを見た保育士が…!

神対応…!

保育士は「先生が娘ちゃんの傘を作ってあげる」といって、傘を描いた紙に持ち手を付けたオリジナルの傘を、娘さんへ手渡したのです。

すると、さっきまでぐずっていた娘さんは、たちまち笑顔に…!

コロッと機嫌が直った娘さんに「本物の傘じゃなくていいんかい!」とツッコミを入れたくなる気持ちも分かりますね。

投稿には「さすが保育士さん。参考にします!」「まさに『紙対応』ですね」「最後のコマで笑った」などの声が寄せられました。

きっと本物の傘でなくても、『自分だけのもの』だからこそ、娘さんは嬉しくなったのでしょう。

保育士の機転の利いた行動に大きな拍手を送りたいですね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @isshikimiho

関連リンク

  • 6/7 12:20
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます