今すぐ会いたい...!あざとい「テレビ電話」で彼を夢中にさせる方法4つ♡

拡大画像を見る


好きな人と会えないときには電話やLINEをして寂しさを紛らわす人もたくさんいるかと思います。
しかし、声や文字だけではなくテレビ電話を使って話をすることで、今すぐにでも会いたくなるような気分にさせることができるのです。
今回はそんなもっと会いたくなるあざとい「テレビ電話」のコツを4つご紹介していきたいと思います。


部屋着やパジャマ姿で電話をする

声だけの電話ではどのような服装をしているのかなどまったく気にしませんが、テレビ電話では実際に顔が見れる状況ですので、新鮮ですよね。
テレビ電話をする時間帯が夜であれば、部屋着やパジャマ姿で電話をしてみましょう。
普段はなかなか見ることができない姿にかわいいと思わせることができますし、リラックス感がグッとくるはずです。
ゴロゴロしながら話をすることで、今すぐにでも会いたい気持ちにさせること間違いなしです。


普段は見せない薄いメイクにする

普段デートのときにはきちんとお化粧をしている人でも、テレビ電話のときはノーメイクに近い薄いメイクにしてみましょう。
普段はなかなか見ることができない雰囲気に、とても新鮮な気持ちになりますし、「自分だけしか見ることができない」と思わせることで、特別感を与えることができます。
普段とは雰囲気が違うと思わせることで、会いたい気持ちにさせることができます。


短い時間だけにしておく

電話だとついつい何時間も話したくなってしまうこともあるかと思いますが、今すぐ会いたい気持ちにさせるためには、短い時間にしておくことがポイントです。
話をすべて完結させてしまったり、ネタが尽きた状態にしてしまうのではなく、「続きはまた今度」という程度で終わらせておくことで、すぐに会いたい気持ちにさせられるのです。
テレビ電話では顔が見えますので、名残惜しいところで終わりにさせておけば、声だけよりも会いたい気持ちが高まるはずです。


画面ごしに触れようとじゃれてみる

テレビ電話ではお互いの顔が見れますが、もちろん触れ合うことはできませんよね。
画面ごしに手を伸ばしてみたり触れようとするそぶりを見せることで、かわいらしさをアピールすることができます。
お互いにじゃれ合うことで、会いたい気持ちにさせることができますので、ますますあなたに夢中になるはずです。


まとめ

テレビ電話では普段見せることのない姿や表情で新鮮な気持ちにさせることができますし、かわいらしいアピールによってすぐにでも会いたい気持ちにさせることができます。
あまり長い時間楽しむというよりは、会いたい気持ちにさせるための方法として、話もほどほどのところで終わらせると早く会いたいと思わせることができますよ。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/7 11:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます