SKE荒井優希 プロレスデビュー2戦目も敗北 松井珠理奈が見守るもギブアップ

拡大画像を見る

 SKE48の荒井優希(23)が6日、さいたまスーパーアリーナで行われたプロレス大会「CyberFight Festival2021」に参戦した。デビュー2戦目。6人制タッグマッチに臨んだが、敗北した。

 1カ月前のデビュー戦に続き、伊藤麻希(25)の前に屈した。実況席から松井珠理奈(23)が見守る中での一戦。何度もフォールをはね返し、かかと落としを見舞うなど見せ場は作ったが、最後は伊藤の「逆エビ固め」にギブアップした。

 初めての有観客試合を勝利で飾れず「まだまだだなと思う」と反省。次回参戦の17日・後楽園ホール大会ではシングルマッチが決定。「えー、どんな感じ?」と驚きを隠せない様子だったが「今のままでは瞬殺されるので、できることを増やします」と力を込めた。

関連リンク

  • 6/7 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます